/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

現金に換金できるカジノアプリ
登録すると30ドルボーナスがもらえます


オンラインカジノのテレビCMは法的に問題ないのか?

BS放送を見ているとベラジョン無料版のCMを見かけることがあります。このCMを見てこれは一体なんだ?と思って調べる人が急増しております。

あるいは、深夜ラジオ放送を聞いていると『やることないな~何をすれば良いのかなぁ?ベラジョン無料版♪』というCMを聴いてこれは何?という人もいます。

そして、そうした人の中には、オンラインカジノをテレビCMなんかで流すとはけしからん!と思う人も一定数いらっしゃるようで、ツイッターを見ると『法的にどうなの?』とか『胡散臭い』という人を見かけます。

結論から言うと、海外政府公認のオンラインカジノは違法にはならないというのが日本の刑法上の正しい答えです。

確かに、法的にどうなの?とか胡散臭いという疑問や疑いは、普通の日本人なら誰でも抱く感情です。しかし、法律的には何ら問題は無く、オンラインカジノのCMを制限することは現状は出来ないのです。

おそらくこの呟きをした人は『子供も見てるかもしれないのにええのんか?』等の日本人なら誰もが持っている道徳心から芽生えた疑問であることは私にも理解はできます。

しかし、日本にはパチンコというギャンブルが存在しており、これこそ賭博罪で検挙すべきであるはずなのになぜか未だに野放しにされている状況にあります。

結局のところ、お金が儲かるからそれでええやんという人たちが集まってるわけで、オンラインカジノもお金が儲かるからそれでええやんという寸法というわけです。

道徳心を大切にしたいという日本人ならではの感覚はこの業界にはないのです。それに対していかがなものかと言いたいのでしょう。

ですが、日本は法律によって成り立っている国であり、道徳心を理由に逮捕だとか違法だとかというのはできないのです。だから、現状の日本の刑法においてオンラインカジノを賭博罪で処罰することはできないのです。

なぜ賭博罪で処罰できないのか?

賭博罪で逮捕するには条件があって、賭博場の開帳者と賭博客を同時に摘発することで初めて両者を逮捕することができるのです。これを必要的共犯と言います。

ところが、ベラジョン無料版の提供元であるベラジョンカジノは、ロンドン証券取引所に上場しているGamesys Group PLCという海外に住所を持つオンラインカジノ事業者で、日本の警察が摘発する権限はないのです。

参照記事
ベラジョンカジノの運営会社概要

そして、日本の捜査機関が海外の捜査機関に捜査協力を願い出たところで、その国においては合法であることから門前払いになるのは当然であり常識なのです。

こうした理由があることから、必要的共犯者であるオンラインカジノ事業者を摘発できず(当たり前ですが)、プレイヤーだけを賭博罪で逮捕するのはできないというのが法的見解であり常識なのです。

そして、この他にも実はオンラインカジノで賭けをしたプレイヤーを逮捕できない決定的な理由があります。それは何かというと、罪刑法定主義の原則です。

罪刑法定主義とは何か?

日本の刑法は、罪刑法定主義を原則としています。

これは何なのかというと、ある行為を犯罪として処罰するためには、犯罪とされる行為の内容と、それをしたらこういう罰を与えますよ!と予め定めておかなければならない決まりのことを言います。

それでなんですが、オンラインカジノはオンライン賭博に属するギャンブルで、これに属するのはオンラインポーカーとか、ブックメーカー等も挙げられます。

ところが、こうしたオンライン賭博を処罰するための法律は日本には存在していなくて、それが理由で逮捕ができないという訳なんです。

これを聞くと大概の人が『賭博罪で逮捕すればいいでしょ?』と思う訳なんですが、日本は先ほども言いました通り『罪刑法定主義を原則』としているんです。

罪刑法定主義を原則としているという事は、類推解釈は禁止というのがセットでついてくるんです。

類推解釈の禁止とは何か?

類推解釈の禁止とは、事件に直接適用できる規定がない場合に類似した事実に適用される刑罰法規を適用し処罰することを禁止する原則の事なんです。

海外政府公認のオンラインカジノの場合で当てはめると、オンライン賭博を禁止する法律がないので、それに類似した事実に適用される賭博罪で処罰することを禁止しますという事になります。

そもそも日本で賭博罪が定められたのは明治時代であり、その当時の賭博と言えばサイコロ賭博とか花札賭博であり、それらを取り締まるためのものだったわけです。

オンラインカジノとかオンラインポーカーなどは、インターネットを使って海外サーバーにアクセスをして、あたかもラスベガスのカジノで遊ぶがごとくカジノゲームで遊ぶことができるわけです。

明治時代に定められた賭博罪は、この行為を犯罪と定めるために作られた法律ではないんです。つまり、オンラインカジノを賭博罪で逮捕しようとする行為そのものが類推解釈の禁止の原則を破る行為になるわけなのです。

もしそれがまかり通ると日本は無法地帯になり、警察が警察権を濫用することが可能となってしまいます。実を言うと、刑法(罪刑法定主義)とは国家権力から国民を守るために定められた原則であるのです。

だから、法律で何も定められていないオンライン賭博(カジノ・ポーカー・ブックメーカー等)を賭博罪で逮捕しろというのは、国家権力から守ってくれる盾を自ら捨てるようなことを言ってるのと同じなんです。

故にオンラインカジノは違法ではない

こうしたことから、実はオンラインカジノはグレーでも何でもなくて、そもそも法律自体が存在していないのですから、真っ白な状態であるというのが正しい法的解釈なわけです。

オンラインカジノはグレーだとかいう人いますが、色眼鏡をかけているからグレーだとかに見えるわけです。法的知識を学べばオンラインカジノは真っ白な状態であることが誰でも理解できるはずです。

色眼鏡を外せと私は言いたかったのでこの記事を書いたわけなのですが、ここまで読んだあなたはオンラインカジノはどのように見えるでしょうか?

白に見えますか?グレーに見えますか?それとも黒ですか?

まだテレビでオンラインカジノのCMが流れることに対して釈然としませんか?

私も道徳心は大切だと思っていますが、ギャンブルで遊びたいと思っている人が居る以上、そこには商機があるわけですからそれを逃すのはもったいないですよね。

世の中の流れもそうなっていて、YouTubeのスポニチチャンネルでは、橋本マナミと松井珠理奈がミスティーノカジノの広告塔として宣伝をしております。世間はもうオンラインカジノを受容れ始めています。

下の動画では、橋本マナミと魔裟斗がオンラインカジノで一緒に遊んでる様子が収録されており、バカラ、ブラックジャック、スロットでどちらが多く勝利金を獲得するかで勝負をしています。

スポーツベットアイオーは、南野拓実選手が所属するプレミアリーグサウサンプトンFCのスポンサーであることからスポンサーインタビューを行っています。

日本出身の有名人や日本に縁のある人もこのようにしてオンラインカジノを拡げるために一役買っているのです。

そして、オンラインカジノは既存のギャンブルとは異なり、ギャンブルが好きでお金を使い込む人に対してアフィリエイトというお金を取り戻せるシステムを用意しています。

ギャンブル好きな人がギャンブルを仕事にすることができるんです。パチンコとか競馬、競輪などは、遊戯者には一切その儲けを還元しません。

どちらがギャンブル依存症を減らすことに貢献しているでしょうか?私はオンラインカジノ業界がギャンブル依存症の人に手を差し伸べているように見えるのです。

ギャンブルをどのように捉えるかはその人次第です。

包丁は人を傷つけることができますが、本来は野菜や肉などの食材を切る道具であり美味しい料理を作る道具なのです。

ギャンブルも同じで、ギャンブルはお金を浪費させますが、普通に生活をしている上では感じることのできないドキドキ感や興奮を楽しむこともできるわけです。そして嫌なことも忘れさせてくれます。

包丁もギャンブルも、そして上のツイートのようにお酒も、扱う人や遊ぶ人、飲む人によって結果は変わります。何でも包丁やギャンブル、お酒のせいにするのは物事の考え方が間違ってはいませんか?

そうした自分を鍛えてくれるのがギャンブルでもあるわけです。何事も考えようによって見え方は違ってきます。

最後になりますが、この記事によってオンラインカジノは真っ白に見える人が増える事を願います。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。