/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

登録すると30ドルお試しボーナスプレゼント

カジノの楽しみ方。旅費が浮くかもしれない豆知識

書籍『運を味方にする』の写真画像。

カジノに行って遊ぶのなら楽しい気持ちを満喫したいものです。

カジノはゴージャスでラグジュアリーな雰囲気を楽しめるので、その場所に居るだけでも満足感を味わえますが、どうせ遊ぶのならカジノゲームで勝った方がより一層カジノが楽しくなります。

この記事では、カジノゲームで勝つための豆知識をあなたにお届けします。もしもカジノゲームで上手く儲かったら旅費が浮くことになるのは間違いないでしょう。

必ず視聴すべき動画

【初めてのカジノ】カジノで遊ぶ前に知っておくいくつかこと

【初めてのカジノ】カジノで賢く遊ぶためのプレイヤーズカード

【初めてのカジノ】テーブルゲームに参加する!カジノチップの両替の仕方と注意点

【初めてのカジノ】カジノゲームで遊ぶ時のルールとマナー ベットの仕方とカラーアップについて

この4本の動画は、ラスベガスのカジノで10年以上ディーラーを務めていた片桐ロッキー寛士さんが、カジノに行く前に知っておくべき事を視聴者に伝えている動画です。

プロディーラーが教えるカジノの基礎知識なので視聴することを強くお勧めします。

この4本の動画を見た上で、これから説明する内容を知ることで、何も知らなずにカジノに行く人と比べて断然お得なカジノ旅行を楽しむことができます。そして上手くいけば旅費も浮くようになるでしょう。

運は上下する

自分は運が良いと思う人も、運が悪いと思う人も、そのどちらの人にも運は分け隔てなく平等にやってきます。

では一体、二人の間にはどういった違いが存在しているのでしょうか?

その答えはいたって簡単です。自分は運が良いと思う人は、運がやってきたときにそれに乗ることができた人で、運が悪いと思う人は運がやってきたときにそれに乗ることができなかったというだけの違いです。

そして、運が下がった時にも二人の間には異なる行動パターンが生じるのです。

運が良いと思う人は、運が下がり始めた時にはテーブルから一旦離れて勝負の流れを見るだけに徹したり休憩を挟んで運の上げ下げの巡りを意図的にずらして再びカジノに戻ってくるのです。

一方で、運が悪いと思う人は、運が下がり始めてもお構いなしで勝負を続け、ディーラーからいったん休憩をはさんだ方が良いですよとアドバイスを受けてもそれを拒んでゲームで遊び続けようとするのです。

運が悪いと思っている人は、運が来ている時に波に乗れず、運が下がり始めた時に勝負を続行するのですから、軍資金が減っていくのは当然で、その結果『運が悪い』という現象が発生するにすぎないのです。

運は全ての人に平等にやってきます。しかし、その運にうまく乗れるか乗れないかはその人次第ということになるのです。

例えば、株式チャートを見てみるとよく分かります。勝てる人というのは、これから値が上がっていこうとするタイミングで買い注文を入れて、そこそこ儲けが出てから売り抜けて利益を確保します。

ところが、負ける人というのは、これから値が上がって行こうとする時には今はまだその時ではないとチャンスを見逃し、株価がドンドン上がっていってから慌てて買い注文を入れたら株価が崩れて損を出すのです。

このように、同じチャートを見ていながら勝てる人と勝てない人は、波に乗るタイミングがずれているのです。これはカジノで運が来ている時に大きく賭けられる人と賭けられない人とによく似ている現象です。

このように、カジノでも運が来ている時に上手に賭けをすることでゲームに勝つことができるようになるのです。

運を読める人を味方に付ける

カジノでは運に乗ることが大切だということは理解できても、では一体運はいつ来ているのか?を知ることはなかなか容易なことではありません。

しかし、カジノテーブルに居る人の中で、実は1人だけ運の流れが見える人が居るのです。それは誰なのか?というと『カジノディーラー』なのです。

カジノ客の多くはディーラーと戦って勝利金を獲得すると思っているようですが、実際はそうではなくて、ディーラーはカジノ客が勝たないことにはチップがもらえないのです。

つまり、ディーラーはカジノ客にとって敵ではなく、むしろ利害関係が一致している味方であり、彼らがあなたにアドバイスを贈る時というのは、あなたに本気で勝ってもらいたいと思った時なのです。

そしてその時というのは往々にして『今このテーブルに運が来ていますよ』あるいは『これから運が下がっていきますよ』という知らせであるのです。

この記事の最初に紹介した片桐ロッキー寛士さんですが、彼はブラックジャックのディーラーをしている時に、大雑把にカードカウンティングをしていてチャンスが来た時にはそれとなく教えていたのだそうです。

だから、ディーラーを敵視していると折角教えてくれている情報を見過ごしてしまい、今まさに運が来ているというのに、その運に乗れずに勝負に挑んでしまうことになるのです。

では、ディーラーがこのようにカジノ客を勝たせることで、どんな得がカジノ側にあるのか?というと、カジノの商売はカジノだけではなく、ホテル、レストラン、バー、スパ等様々な施設を用意しています。

カジノで気を良くしたカジノ客はこれらの施設でお金を使ってくれます。また、カジノ側にとって、カジノ客がカジノで勝てばリピートしてもらえることが期待できるので、カジノで勝ってもらった方が都合が良いのです。

人は、いい気分を味わうことができた場所に対し『またあそこへ行きたい』『またあそこへ戻りたい』と思うのが人情ではないでしょうか?

つまり、カジノはギャンブル施設などではなく、人を楽しませるエンターテインメント施設と考えるのが相応しく、こうした理由から富の象徴として富裕層から支持されているのです。

マナーが悪い人は運を逃がす

運と書いて運ぶと読みます。

つまり、運は人が運んでくるのです。カジノで言えばディーラーがそれを教えてくれるわけですから、カジノディーラーに嫌われることをする人は、ディーラーからのアドバイスはもらえなくなるのです。

もしもあなたがディーラーの立場だったとして、カジノ客から暴言を吐かれたり、悪い態度を取られたりすれば、気分が悪くなるのは当然ではないでしょうか?

そして、その人のために『運が来ていますよ』と教えたいと思うでしょうか?私なら『こやつには、運が来ていてもそれを教えたくない』と思います。

ディーラーはあなたや私と同じ人間なのです。機械のようにカードを配っているわけではなく、カジノ客に気持ちよくカジノゲームを楽しんでもらうために彼らはディーラーという仕事に誇りを持っているのです。

そのように思ってカードを配っているディーラーに対して、ゲームで負けた腹いせにテーブルを叩いたり、ディーラーをののしったり、別のカジノ客に愚痴をこぼしていてはテーブルの運気さえも下げてしまいます。

その一方で、マナーの良いカジノ客だと、ディーラーは『何とかしてこの人を勝たせてあげたい』と思い、運が来ているかどうかはもちろん、ルーレットであればポケットを狙って何とか当てさせようとするのです。

カジノ客が勝っていい気分になれば、ディーラーはカジノ客からチップがもらえる上にリピート客になる可能性が出てくるので、そうした行為をディーラーは敢えてするのです。

片桐ロッキー寛士さんの著書『運を味方にする。カジノで一晩10億勝つ人の法則』の中でこんな話がありました。

ルーレットでカジノ客が27億円を勝ち取り、その時にディーラーをしていたのがロッキーさんで、カジノに損失を与えたことで殺されると思ったそうです。

しかし、カジノで一番偉いマネージャーが彼の肩をがっしりと組んで『よくやった!』と褒められ、『ミスター〇〇は、お前の事を気に入っていたぞ!』という出来事があったのです。

このカジノ客は、ロッキーさんが働いていたカジノで数百億円は負けていたそうで、そうした状況の中で27億円を勝たせたことで再び足を運んでもらえるようになったとマネージャーは喜んだのです。

彼はここで初めて、カジノ客を勝たせることの本当の意味を理解したのだそうです。

だから、ディーラーを敵に回すような言動をとることはすべきではないのです。カジノゲームは基本、遊べば遊ぶほど負けるように仕組まれているので、ディーラーを味方にして勝てるように遊ばなくてはならないのです。

見栄を張らない

カジノにはハイローラーと呼ばれるビッグプレイヤーが存在しています。彼らは自分がお金持ちであることを自負するために常にテーブルのマックスベットでゲームを行う傾向があります。

この記事の最初に『運は上下する』とお話しましたが、彼らは運を気にすることがないので、負ける時はとんでもない金額をカジノで熔かしてしまいます。

それこそ大王製紙の元会長だった井川意高氏のように100億円を超える借金を抱えてしまうことになってしまいます。

もしもあなたが、自分のビジネスで成功し巨富を得たことを理由にカジノで彼らと同じように賭けをすると、たちまちカジノでとんでもないお金を失ってしまう恐れがあります。

そうしたことのないように、波が来ていない時には小さく張り、波が来た時に大きく張るように心がけることが大切です。

ツイてるひとに乗る

カジノで人気のあるゲームと言えばバカラです。バカラは二者択一のゲームで大きなお金が動くことからカジノの王様とも言われています。

バカラで遊ぶ人の中には異常なほどツイている人が存在しており、もしもあなたがカジノに行った時、勝って勝って勝ちまくる人が居たとすれば、その人に乗って賭けをすることをお勧めします。

カジノで楽しい気分になるためには、連勝しまくっている人を見つけてその人の真似をして賭ければ面白いように勝てます。

しかし、明らかに運に乗っかっている人に対し、あいつと逆を行って大儲けしてやろうという気持ちで賭けを行うと、運に逆らう賭けをすることになるので勝負に負けてしまうことになります。

運に乗っている人を見つけたらその人の運にあやかって楽しい気持ちになるのがギャンブルの鉄則。逆を行こうとしてカジノチップを失えば折角楽しい旅行が台無しになってしまいます。

そうしたことのないように、ツイてる人を見つけたらその人と同じ目に張って運をおすそ分けしてもらうことが大切です。

さいごに

カジノはゴージャスでラグジュアリーで非日常的な空間を楽しめる場所です。そして、その空間を楽しむ為にお金を支払っていると考えれば負けても楽しめたという旅行になるでしょう。

しかし、どうせカジノで遊ぶのであれば、やっぱり勝って儲かった方がお得な旅行になることには間違いありません。

その為には、運とは何なのかを知り、運の流れが見える人からアドバイスを貰い、マナーの悪いプレイヤーにならず、見栄を張らず、ツイている人に乗って遊ぶとカジノで勝てていたということになるでしょう。

そうなれば旅費が浮いたということになるはずですので運を意識してカジノで遊んでみてください。楽しい旅行がより一層楽しいものになるはずです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。