/* thk analytics */

オンラインカジノの違法性・合法性。安全にネットカジノで遊ぶには?

オンラインカジノに興味はあるんだけど違法だとしたら捕まっちゃうんじゃないのかな・・・と、遊びたいんだけど怖くて遊べない。

こういう人って多くいると思うんです。

この記事は『オンラインカジノは安心して遊べるんだ』という気持ちに切り替わってもらうことを念頭において書いています。

まず初めに、この記事を執筆している私自身、オンラインカジノに登録し安心して堂々と遊んでいます。

オンラインカジノでバカラを遊んでいる画像。リアルマネーをベットして遊んでいます。
バカラでリアルマネーをベットしてます

それではオンラインカジノの違法性と合法性についてお話いたします。

オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノは現在の日本の法律では違法でもなければ合法というわけでもない状態にあります。

これはなぜなのかと言うと、オンラインカジノを禁止したり取り締まる法律がないからなのです。

『法律がないので違法でも合法でもない』

これは非常に重要なキーワードなので一時的にこれを覚えておいてください。

では次に、過去に実際に起きた事件についてお話します。

2016年3月10日付の産経ウェストでの記事にこんな見出しがありました。

ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

https://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100084-n1.html

おいおい、ちょっと待てよ!逮捕されてるじゃねーかよ!?違法じゃないって言うならおかしいじゃねーかよ?

そう思ったことでしょう。

逮捕されたプレイヤーは実名報道されてしまっています。

本当に酷い話です・・・。警察が酷すぎるという意味です。

この3人は容疑を認め『海外サイトなら大丈夫だと思った』と話していたそうです。

実をいうと、この供述は正しいのですが『法律を熟知していないから逮捕されてしまった』という一面があるのです。

どういうことか?

先程申し上げましたが、『法律がないので違法でも合法でもない』のです。

警察はこれを知っていたうえで摘発をし罪を認めさせてしまったのです。

逮捕されてしまった人も無知だったから逮捕されたわけですが、この警察の暴挙を覆す弁護士が現れました。

その弁護士は津田岳宏という弁護士で、賭博罪を専門にする日本唯一の弁護士としてコールグリーン法律事務所で弁護士業をしています。

さて、その津田弁護士はブログでこのような報告をしています。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,

そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html

津田弁護士は、『違法でも合法でもない』状態にある日本で『賭博罪』で逮捕するのは間違っていることを法廷で証明して見せたのです。

これは結果だけを見せているので、この記事を読んでくれている方は『どういう流れで不起訴処分になったのか教えてくれよ』と思うでしょう。

ですから、順を追ってお話します。

まず初めに、賭博罪とはどういう法律なのかの理解が必要になってきます。

この法律は、賭場を開帳した、開帳者を取り締まるための法律なのです。

そして、賭場の開帳者を取り締まるために、それに付随して賭博行為を行った人を取り締まるというのが賭博罪の本質であるわけなのです。

さて、ここでもう一度『海外サイトなら大丈夫だと思った』という言葉を思い出してほしいのです。

オンラインカジノで遊んでいた方の供述ですが、海外サイトはスマートライブカジノという名前のオンラインカジノです。

このカジノは、イギリス政府公認のオンラインカジノで、イギリス政府が認めたライセンスを取得していたのです。

おかしいことに気づきませんか?

日本の賭博罪は『開帳者を取り締まるための法律』です。

日本の警察は『イギリス政府公認のスマートライブカジノを逮捕する権限』を持っているでしょうか?

言わずとも誰にでもわかる当たり前のことですが『そんな権限日本の警察が持ってるわけない』のです。

イギリス政府から公認を得たスマートライブカジノを取り締まろうものならイギリスと日本の外交問題にまで発展してしまう案件となってしまいます。

それくらい非常識なことを警察は知らぬ顔して『プレイヤーを逮捕し略式起訴を呑み込ませた』のです。

酷いと思いませんか?日本の警察のクズさを垣間見た事件です。警察って市民を守るんじゃないんですかね?守ってませんよね?

繰り返しますが、賭博罪は『開帳者を取り締まるための法律』です。

開帳者を取り締まれないのならば、オンラインカジノプレイヤーに罪を認めさせるのは間違いだという事です。

津田弁護士は法律の矛盾点を突き、法廷で不起訴処分を勝ち取ったのです。

当たり前と言えば当たり前の結果なのですが、警察が権力を行使して落ち度のない市民をねじ伏せた事件と言えます。

ネットカジノは安全で安心して遊べる

オンラインカジノでバカラを遊んでる様子の画像。バカラで40ドル勝利した瞬間です。
バカラで40ドルゲット

このことから、海外の政府が認可したライセンスを取得しているオンラインカジノに、ネットを介してゲームで楽しむことは罪に問われないと証明されるのです。

だから私は普通にオンラインカジノに登録をしましたし、普通にオンラインカジノで遊んでいる様子をスクリーンショットで撮影し普通にブログで紹介することができるのです。

何ら問題のないことです。

ですが、今後日本の法律で『オンラインカジノで遊ぶことを禁止』されることがあればさすがに私自身遊ぶことを辞めます。

ですが、良く思い出して欲しいのですが、現在の日本はIR法案が2018年に参議院本会議で賛成多数で可決・成立しているのです。

時代の流れを考えた時、IR法案が可決されているのにオンラインカジノだけが禁止、取り締まり対象になるっておかしいと思いませんか?

私はおかしいと思うし矛盾してると思うし、今後オンラインカジノが禁止になるとは思えないのです。

オンラインカジノ余談話

ここから先の話は私の憶測になるのですが、スマートライブカジノでプレイヤーを逮捕し略式起訴を呑み込ませたのには裏があるんじゃないのかと思ってます。

私はパチンコ屋を賭場と同じと考えてます。ですが、警察に取り締まられることはありません。

なぜか?

パチンコ屋と警察あるいは政治家が裏で繋がってるからと思ってます。実際は分かりませんけど。

この世の中、どういう理由を付けようとお金で回ってます。

だから、パチンコ屋が取り締まりの対象にならないのもお金があるからと思ってます。

さて、オンラインカジノですがこれもやっぱりお金が絡んでます。

2020年のオンラインギャンブル市場規模は600億ドル(約6兆4000億円)の見込みと言われており、とんでもない大きさの規模なのです。

つまり、何も知らない一般庶民を見せしめとして吊るし上げ、みんなが『オンラインカジノで遊ぶと逮捕される』と恐怖心を持ってる間にお金が回る仕組みを作る。

その仕組みが完成したら『オンラインカジノで遊んでもオッケーだよ!』と法律で認めてあげるんです。

どうなるか?

仕組みを作ったやつは何もせずに利権で金をせしめる。こんな感じのからくりじゃないか?と思ってるわけです。

私の憶測の話ですけどね。

ですので、私はオンラインカジノが法律で禁止されない限り、普通にオンラインカジノで遊びますし、普通にスクリーンショットを撮影しますし、普通にブログにそれを貼り付けます。

オンラインカジノのロビーの画像。女性ディーラーは美人が多いです。
オンラインカジノの様子

だって、逮捕されるわけがないってわかってるから。仮に逮捕されたなら津田弁護士を雇おうと思ってます。

と言うのは冗談半分ですが、賭博罪は開帳者を取り締まるための法律ということさえ知っていれば、『不当逮捕』として異議申し立てをするでしょう。

でも、警察は無理矢理自白強要させそうだから、もしそういう事態になったら本当に津田弁護士に助けを求めるかもしれませんね(笑)。

ですが、過去の判例で『不起訴』という判決がある以上、警察は今後摘発することはほぼないと言えるでしょう。

最後になりましたが、もしも、オンラインカジノで遊びたかったんだよ。でも怖くて遊ばなかったんだよね~。

そう思っていた人が『この記事を読んだことで大手を振ってオンラインカジノで遊べるわ~』と思ってもらえたら嬉しく思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーン

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら

限定入会キャンペーンページからベラジョンカジノに登録すると3つの特典をもらえます。

◆図解入り新規登録・入出金マニュアル

◆アカウント登録で30ドルプレゼント

◆初回入金時に最大500ドルもらえる初回100%ボーナス

ベラジョンカジノに登録するならお得な方法で登録しましょう!

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら