/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

一撃1万ドルの夢を叶えないか?
ベラジョンカジノにはその用意がある!


違法カジノと合法カジノの違い

ライブバカラのプレイ画像。

テレビやネットで『違法カジノ摘発、従業員と客らを逮捕』というようなニュースを見かけることがあります。その一方で、アミューズメントカジノは遊んでも逮捕されることはありません。

この違いは何なのか?

更に海外に目を向けてみると、ラスベガスやマカオ、韓国などにあるカジノという存在に加えて、オンラインカジノという違法なのか合法なのかよくわからないカジノまであります。

本記事では、日本を含め世界に存在する全てのカジノについてどれが違法でどれが合法なのか、そして日本国内で遊んでも大丈夫なカジノはどれなのか?を説明していきます。

賭博罪について

賭博罪は、日本の刑法で定められている罪であり、日本国内においてのみ効力を発揮します(国内犯)。

そして、賭博罪で逮捕する時には、賭博場の開帳者と賭博客の両者を同時に摘発することでしか成り立たないという条件があります。これを必要的共犯と言います。

国外犯規定について

日本国民が海外において犯罪をした時、日本の法律によって処罰される刑法の事。

賭博罪は国外犯規定には定められておらず、海外でカジノが合法とされている地域であれば、処罰されることはなく、安心してカジノを楽しむことができます。

日本で違法になるカジノ

賭博罪で逮捕されるイメージ画像。

日本国内に住所を持つ場所で、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのカジノゲームを行い、客にお金を賭けさせたり、このような店舗でお金を賭けたりすると賭博罪で摘発されます。

闇カジノ

ビルの一室を借り上げ無許可でカジノ営業をしているような場所で、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのゲームで遊ぶと、警察が乗り込んできたときには現行犯で従業員、賭博客の両方が逮捕されてしまいます。

後述するアミューズメントカジノでも、表向きはアミューズメントカジノと謳っておきながらこっそりお金を客に賭けさせる場合も違法になります。

もしそのような様子を見かけたらそのお店では遊ばないようにしましょう。

ネットカフェ風カジノ

ネットカフェ風カジノは、海外政府公認のオンラインカジノにアクセスし、客に対して『海外政府公認のオンラインカジノだから違法ではない』と騙して賭博行為をさせて、手数料を店側が不正に受け取る行為をします。

海外政府公認のオンラインカジノに個人が直接アクセスして遊ぶことに関しては違法にはならないのですが、店側に対してお金を支払ったり、店側からお金を受け取った時点で日本国内での賭博になります。

以下の記事は客を騙してインターネットカジノ店が摘発されたことを紹介している記事ですが、オンラインカジノのつもりで遊んでいても客も逮捕されるのでそのような店舗では決して遊ばないようにしてください。

日本で合法なカジノ

日本の法律で認められているカジノは現在アミューズメントカジノだけです。

しかし、IR法案が2016年に可決したことから、日本の未来にカジノができるのは確実です。

IR法案で認可されたカジノ

日本国内で合法的にお金を賭けて遊べるカジノは現在のところ存在していません。

しかし、2016年に特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR法案)が可決したので、将来的に合法的なカジノが日本国内にできるのは確実です。

この法律に従って運営されるカジノは合法となります。

アミューズメントカジノ

カジノのイメージ画像。

IR法案可決という出来事をうけ、お金を賭けずに遊ぶことのできる『アミューズメントカジノ』という場所が増えるようになり、カジノゲームが浸透し始めました。

アミューズメントカジノは風営法に従って営業されており、ゲームセンターと同じ扱いとされているので、合法的にカジノゲームを楽しむことができます。

先程も述べましたが、アミューズメントカジノでも店側がこっそりとお金を賭けさせるようなことをすると違法カジノとして摘発されるのでそのようなお店には出入りしないようにしましょう。

日本で違法にならないカジノ

日本の賭博罪は国内犯に限られており、また国外犯規定にも賭博罪は定められておりません。

従って、海外で合法的に運営されているカジノで遊んでも賭博罪で逮捕されることはありません。

オンラインカジノは、日本の法律では合法とは言えませんが、日本の賭博罪が必要的共犯という条件を満たすことができないため、プレイヤーを処罰することはできません。

その上、罪刑法定主義の原則から賭博罪で逮捕することもできません。

海外カジノ

ラスベガスの夜景画像。

海外カジノは、渡航したその国の法律によって違法なのか合法なのかが決まるので、現地の法律を確認することが大切です。

日本の賭博罪は国内犯なので、海外での賭博行為を取り締まることはできないのです。だから、渡航先のカジノはその国の法律によって違法なのか合法なのかが決まります。

因みに、日本の国外犯規定には賭博罪は定められていないので、渡航先の法律によってカジノが合法とされていれば、安心して遊ぶことができます。

例えば、ラスベガスがあるアメリカ合衆国ネバダ州ではカジノは合法であり、国外犯規定にも当てはまらないので安心して遊ぶことができます。

国外犯規定に賭博罪がないからと言って、海外だからどこででも賭博ができるという訳ではなく、現地の法律に従うことが大切です。

オンラインカジノ

オンラインカジノを運営する事業主が、海外で合法的に運営されている場合であれば違法にはなりません。

上に紹介した動画は、YouTubeのスポニチチャンネルで宣伝されているミスティーノというオンラインカジノで、広告塔に抜擢されたのは橋本マナミと松井珠理奈です。

もしも、オンラインカジノが日本の法律で違法であったとすれば、スポニチも橋本マナミも松井珠理奈もこのような宣伝はしていないはずです。

しかし、実際はこのようにオンラインカジノの宣伝をしているのです。

他にも、BSテレビ東京でもテレビCMがオンエアされています。

オンラインカジノは賭博罪で捕まるんじゃないの?というイメージを持っている人が非常に多いのですが、このようにオンラインカジノはテレビCMで堂々と宣伝できるコンテンツなので安心して遊ぶことができます。

賭博罪は必要的共犯であり、海外政府公認のオンラインカジノ事業者を処罰できないのに、オンラインカジノプレイヤーだけを処罰することはできないのです。

もっと詳しく法的根拠を知りたい場合は、罪刑法定主義の原則、類推解釈の禁止など日本の刑法について以下の記事で解説していますのでご覧になってください。

さいごに

日本国内において認められているカジノはアミューズメントカジノだけであり、未来に時間軸を合わせれば、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR法案)によって認められたカジノもそれに含まれます。

違法カジノは、アミューズメントカジノなのにもかかわらず、こっそりお金を賭けている店舗や、無許可で店舗運営を行い賭博行為をさせている店舗のことを言います。

海外カジノについては、日本の賭博罪では処罰されることは無く、海外の法律によって処罰されるかどうかがきまります。

オンラインカジノは、日本の賭博罪では処罰されることは無く、オンライン賭博に関する法律が定められない限り自由に遊ぶことができます。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。