/* thk analytics */

登録すると30ドルお試しボーナスプレゼント

勝負勘を鍛える方法。勝ち続ける人と負け続ける人の違い

会社経営をしていると、事業拡大するべきか、それとも現状維持、あるいは縮小、撤退といった判断を下さなくてはならない場面がやってくると思います。

そうした岐路に立たされた時、正しい判断を下すことで会社を繁栄させることができます。逆に誤った判断を下すと会社を倒産に至らしめる場合もあります。

この判断は、会社経営者自身が下さなくてはならないので、経営者は常に会社を繁栄させるために正しい判断をし続ける必要があります。

では、この判断を正しく下すためには何が必要なのか?というと勝負勘です。

会社経営でこのような判断を下す場面は、毎日毎日やってくるわけではないと思いますが、会社を繁栄させるために日々意識して鍛えておく必要はあります。

ではどうやって勝負勘を鍛えれば良いのでしょうか?

実は、会社経営によく似たゲームがあるので、それを繰り返し遊んでいると勝負勘を自然と磨くことができるのです。

そのゲームこそがバカラです。

バカラとは?

ライブバカラのプレイ画像。

バカラとはカジノで遊べるカードゲームの一種で、バンカー側とプレイヤー側に配られたカードの合計が9に近い方が勝利するのですが、このゲームはどちらが勝つかを予想するゲームなのです。

ですから、自分の判断次第で何連勝もすることが可能で、自らの判断の正しさをすぐに確認できるところにこのゲームの面白さがあります。

しかしその反面、自分の判断次第で何連敗もすることもありうるので、自分の判断の不味さが明らかになってしまう恐ろしさもはらんでいるゲームでもあります。

バカラは、自分の判断次第で明暗を分けるゲーム性であることから、会社経営者や富裕層に親しまれ遊ばれているカジノゲームなのです。

バカラと会社経営の類似性

バカラと会社経営には類似する点がいくつもあります。

例えば、会社経営が順調であれば事業拡大をするべきである点。どんな事業でも順調であれば支店や店舗を増やして利益を更に伸ばしていくことができます。

一方バカラは、流れに乗ることが大切といわれており、自分に流れが来て連勝している時にはそれに乗じてベット額を増やして利益を伸ばしていきます。

両者を比較すると、支店や店舗を増やすのか、ベット額を増やすのかの違いはありますが、投資をするという観点では全く同じだということが分かると思います。

逆に、会社経営が芳しくない状況である時には、支店や店舗数を減らすなどの事業縮小をして巻き返しを図るべきです。

一方バカラは、流れが悪くなればベット額を減らしたり、バカラで遊ぶことを中断するという判断を下すことも必要となってきます。

両者を比較すると、支店や店舗数を減らすのか、ベット額を減らすのかの違いはありますが、運転資金を守るという観点においては全く同じであることが分かると思います。

このように、自分の資産をさらに増やしていったり、逆に減っていく資産を上手に守り、運転資金を上手に廻していくという点において、会社経営とバカラの性質は非常に似ていることが分かります。

バカラはギャンブルではありますが、手持ちのチップを上手に廻していくという点においては会社経営と何ら違いはありません。

このようにバカラで勝負勘を磨いて行けば、事業拡大をするべきタイミングを見極められるようになり、会社経営で困難な状況に直面しても上手に乗り越えて行くことが可能になります。

オンラインバカラの始め方

勝負勘を磨くにはバカラで遊ぶことで自然と磨かれることをこの記事では説明しました。

もし、勝負勘を磨くための手段を探しているのでしたら、オンラインバカラで勝負勘を磨くことをお勧めいたします。

ご自身の資金に応じたオンラインバカラの選び方などを説明していますので、是非、オンラインバカラの始め方についての記事もご覧になってください。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

問題解決

Posted by Hiro