/* thk analytics */

オンラインカジノで儲けたお金の税金は?100万円稼いだ時の計算法

オンラインカジノで大金を稼いだ!と喜んでばかりはいられません。

実は、オンラインカジノで稼ぐとそのお金は『一時所得』とみなされ税金の対象になってしまいます。

一時所得とは、営利を目的とする行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

この所得には、懸賞やふくびきの賞金、競馬・競輪などの払戻金、生命保険の一時金などが含まれます。

つまり、オンラインカジノで稼いだお金は一時金として扱われ、税金を納める義務が生じるのです。

どれくらい稼いだら納税が必要か?

オンラインカジノで儲けたからと言って全員が全員払わなければならないという訳ではないのです。

オンラインカジノをしている人のうち、1月1日~12月31日までの間に50万円を超える収益を得た人は確定申告が必要になる可能性がでてきます。

一時所得の計算式

一時所得 = 総収入額-支出額-特別控除額(最高50万円)

特別控除額の最高額が50万円なので、年間の儲けがそれ以下であれば一時所得はゼロかマイナスかになるので一時所得にはなりません。

100万円稼いだ時の税金計算

オンラインカジノで100万円儲かった場合、一時所得にかかる所得税を計算機で計算すると、1万2700円を納めなくてはなりません。

因みに1000万円稼ぐと約53万円の所得税になります。

支出額については、税理士が言うには認められる可能性は低いとのこと。ですのでゼロで計算しています。

競馬とオンラインカジノの違い

競馬や競輪で儲けたからと言って納税をしているという話は今まで一度も聞いた事がありません。

それなのになぜオンラインカジノで儲かったら納税する必要が出てくるのでしょうか?

その理由は、お金の流れが記録に残っているかどうかという事です。

競馬の場合、儲かってもそれを証明する記録が残っていないので正確に言うと見逃してもらっているのが現状です。

ところが、オンラインカジノはお金を引き出すときに銀行に記録が残ってしまいます。

これが理由で税金を逃れることができないというわけなのです。

ですが、先に求めたように、100万円儲かったうちの1万2700円なら支払っても問題ない額と言えるでしょう。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら