/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

一撃1万ドルの夢を叶えないか?
ベラジョンカジノにはその用意がある!


オンラインカジノとは?初心者が安心して遊ぶための基礎知識

2021年3月9日

最近、テレビやラジオ、新聞などでオンラインカジノの宣伝を見たり聞いたりする機会が増えてきました。それに伴い、オンラインカジノに興味を持つ人も増えてきました。

しかし、興味はあるんだけど、違法じゃないの?逮捕されたりはしないの?と不安に感じて戸惑っている人が居るのも事実です。

あなたが安心してオンラインカジノで遊び始められるように、この記事では、オンラインカジノは安全に遊ぶことができるギャンブルであることを法的根拠を交えながら解説していきます。

オンラインカジノとは

ルンバブラックジャックのプレイ画像。

カジノと聞くとラスベガスやマカオ、あるいはモナコにあるカジノの事を連想する人が多く、そのようなカジノの事をランドカジノと呼びます。

それに対しインターネットで遊べるカジノの事をオンラインカジノと呼びます。当然、ランドカジノで遊ぼうと思うと現地に行かなければ遊ぶことができません。

しかし、オンラインカジノはスマホでもPCでも遊べるので、自宅に居ながら、電車で移動中、待ち合わせ中など、ネットに接続できる環境があればどこでも気軽に楽しめるのが特徴です。

また、ランドカジノで受けられるリベートボーナス(遊んだ金額に応じて発生するキャッシュバック)も、オンラインカジノでは誰もが受け取れるようになっていますのでお得にギャンブルを楽しむことができます。

因みに、オンラインカジノが流行している西欧では一般的にギャンブルの事を『Gaming』と言います。

インターネットの双方向通信が普及することにより『Interactive Gaming』と呼ばれるようになり、更にそれが略語化されて『iGaming』という造語が生まれました。

現在では一般的にオンラインギャンブルを指す言葉としてiGamingと使われるようになっています。

iGamingに含まれるギャンブルは次のようなものがあります。

オンラインカジノ
オンライン麻雀
スポーツブック
オンラインポーカー
ロト

オンラインカジノと法律について

オンラインカジノに興味を持ったあなたが不安に感じていることは、オンラインカジノで遊ぶと賭博罪で逮捕されたりしないのか?という事だと思います。

この問題の結論を先に申し上げますと、海外政府公認のオンラインカジノで賭けを行ってもあなたが賭博罪で逮捕されるという事はありません。これは日本の刑法の原則が根拠にあるからこのように申し上げました。

それについて分かりやすく説明をしていきます。

違法にならないオンラインカジノ

安全に遊べるカジノアプリのイメージ画像。

日本には賭博罪という法律がありますが、この犯罪は、賭博場の開帳者とそこで遊んでいた賭博客を同時に摘発することでしか逮捕できないという条件があるのです。これを必要的共犯と呼びます。

賭博をするという事は、それをさせる人と、する人の両方が存在しないと成り立たないので、片方だけを逮捕するという事はできないのです。

海外政府公認のオンラインカジノは外国に住所を持つ企業で、その国で合法的にカジノ運営をしているので、日本の警察が日本の賭博罪を理由に、オンラインカジノを運営する海外の企業を摘発することは不可能なのです。

つまり、必要的共犯が条件となる賭博罪で、日本からアクセスして遊んだあなただけを逮捕することはできないのです。

それに加えて、日本の刑法は罪刑法定主義を原則としていることから類推解釈が禁止されているのです。

罪刑法定主義とは何かというと

罪刑法定主義とは、ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令において、犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を予め、明確に規定しておかなければならないとする原則のことをいう。

ウィキペディア

オンラインカジノに当てはめると、海外政府公認のオンラインカジノで賭けをする行為を犯罪として処罰するには、この行為を犯罪と定め、その犯罪行為をした者に対する刑罰を定める必要があるのです。

しかし日本には、『海外政府公認のオンラインカジノに日本からアクセスをして賭けをすることを禁ずる』という内容の法律は存在していません。

あなたはきっと『え?賭博罪があるんじゃないの?』と思うはずですが、実は賭博罪で海外政府公認のオンラインカジノで賭け行為をしたプレイヤーを逮捕することはできないのです。

先程申し上げた通り、賭博罪は必要的共犯が存在するのが条件な上、日本の刑法は類推解釈が禁止されているのです。

類推解釈とは何かというと

類推解釈とは、事件について直接に適用できる規定がない場合に、類似した事実に適用される刑罰法規を適用することをいいます。民事事件などではよく用いられますが、刑事事件では、罪刑法定主義(その行為を処罰する規定があらかじめ存在しない限りその行為を処罰できない)という原則があるため、類推解釈は許されないとされています。

弁護士法人古川・片田総合法律事務所

類推解釈の理解度を深めるために具体例を挙げてみます。

仮にですが、公園でサッカーをしてはいけないという法律が日本に存在しこれを破ると懲役刑が下される。と、定められていたとします。

そして、公園で野球を遊んだということを理由に、同じ球技だという事でサッカーを禁止している法律を適用して逮捕、起訴、有罪判決を下すことは許されないという事なのです。

公園で野球をしたら逮捕するという場合、予め公園で野球することを犯罪と定め、その犯罪に対して刑罰も一緒に定める必要があります。そうすることで初めて逮捕することが可能になるわけです。

従って、海外政府公認のオンラインカジノで遊んだ者を警察が逮捕するためには、この行為を犯罪と定め、この犯罪に対して刑罰を定める必要があるのです。

しかし、実際はどうなのかというと、海外政府公認のオンラインカジノでの賭け行為を禁止する法律は日本では定められておらず、警察権が行使される法的根拠は皆無なのです。

ですから、現在オンラインカジノで遊んでいる多くの人も誤解をしているのですが、オンラインカジノはグレーゾーンでもなんでもなくて、法で罪と罰が定められない限り法律的に全く問題なく安心して遊べるのです。

違法になるオンラインカジノ

賭博罪で逮捕されるイメージ画像。

オンラインカジノで遊んで逮捕されるケースは2通り考えられます。

まず一つ目は、日本国内にオンラインカジノプログラムを格納するサーバーが存在しているという事です。

これは、オンラインカジノと同じ形式をとっていることになりますが、サーバーが日本国内にあることで、たとえインターネットを介してオンラインカジノを遊んでも賭場が日本にあるので賭博罪が適用されます。

ですので、自分が遊んでいるオンラインカジノがどこの国の政府によってライセンスを取得しているのかを確認しておく必要があります。

次に二つ目ですが、海外政府公認のオンラインカジノで遊んだけど捕まったというケースです。

このケースは悪質で、海外政府公認のオンラインカジノは日本の賭博罪で逮捕されることは無い事を謳い文句に客を騙して、ネットカフェなどの店舗内で、賭け行為を行わせる違法店舗が稀に存在しています。

その店舗では、店側が用意したPCでオンラインカジノゲームを客に遊ばせ、お金の支払いや換金行為をその店舗で行ったりしているのです。

この行為は賭博罪が適用されて、最悪の場合警察に逮捕されるので、そうしたお店には絶対に行かないようにしてください。

ギャンブルに関するお金のやり取りを店内で行う時点で違法ですから本当に気を付けてください。

オンラインカジノを安全に楽しむには

オンラインカジノを安全に楽しむには、あなた自身がオンラインカジノにアカウント登録をして、あなたが所有するスマートフォンやタブレット、パソコンなどのデバイスで、あなた自身が遊ぶようにしてください。

そうすることにより、日本の賭博罪は適用されることなく安心して遊ぶことが可能となります。

海外政府公認のオンラインカジノの評判

魔法のケーキ喫茶のプレイ画像。

海外政府公認のオンラインカジノはどのような企業が運営をしているのかについて紹介します。

ベラジョンカジノ及びインターカジノは、Breckenridge Curacao B.V.という企業が運営しており、この企業を所有しているのがロンドン証券取引所に上場しているGamesys Group PLCという企業です。

しかも、Gamesys Group PLCは、FTSE250種総合株価指数にラインナップされており、社会的信頼性の高い企業がオンラインカジノ運営会社を所有しているのです。

チェリーカジノの運営元であるCherry Spelgladje ABは、スウェーデンのストックホルム証券取引所に上場する企業で、その歴史は、1963年までさかのぼります。

他にもウィリアムヒルというブックメーカーは、William Hill Global PLCという企業によって運営されており、この企業はロンドン証券取引所に上場し、FTSE250にもラインナップされている優良ブックメーカー企業です。

また、プロサッカーチームとスポンサー契約をするオンラインカジノ会社や、F1チームとスポーンサー契約をするオンラインカジノ会社も存在しているのです。

スポーツベッティングで有名な10BetJapanはユベントスとスポンサー契約を交わしたことは多くの人に知られています。

188BETはF1とスポンサー契約を交わし、今までF1はギャンブル企業とはスポンサー契約をしてきませんでしたが、188BETをエンターテインメントとして認識し始めたようです。

このように、日本人が想像する以上にヨーロッパではオンラインカジノコンテンツが社会的に認められているのです。

日本国内においても、テレビやラジオでCMが流れたり、新聞広告で見かけたりすることがあります。

更には動画サイトでもその動きは顕著で、芸能人の橋本マナミと松井珠理奈がミスティーノカジノの広告塔となり、インターネット利用者の認知度は急速に高まってきていると言えるでしょう。

ミスティーノ公式サイト

安心して遊べるオンラインカジノの選び方

1.海外政府公認のライセンスを取得している事。

2.第三者機関に監査認証されている事

3.日本語サポートがある事

この3点が満たされているオンラインカジノを選ぶことが非常に大切です。

海外政府がライセンスを発行する理由

ベラジョンカジノのCuraçao eGaming License Validation画像。

オンラインカジノの運営ライセンスを政府が発行するのには理由があります。

カジノを含むギャンブルは、マフィアや反社会的勢力の資金源になりうる可能性があり、犯罪で得られたお金をロンダリングするためにオンラインカジノを利用されることも考えられます。

日本でもそうなのですが、ギャンブルは税収に繋げることが可能であることからギャンブルそのものを政府が認め合法化することで反社会的勢力の排除が可能となります。

そうすることにより、ギャンブルを楽しみたい一般人は、安全が確保された場所でギャンブルを楽しむことができるようになります。

マフィアや反社会的勢力が運営するような場所に一般人は好き好んでいくような人は居ません。

従って、オンラインカジノの運営ライセンスを政府が発行するのは、国にとって世間の風紀が乱れないように予防ができ、利用客にとって犯罪に巻き込まれることなく安全にギャンブルが楽しめるようにするためなのです。

第三者機関の監査認証について

オンラインカジノで提供されているカジノゲームの中には、ビデオスロットゲーム、テーブルゲームなど、プログラムによって制御されているゲームが存在しています。

これらのゲームは、ランダムナンバージェネレーター(RNG)を使用しており、各ゲームは無作為なゲーム結果及びゲームが公正であることを保証しています。

そして、この乱数システムは独立した第三者機関によって監査認証がなされています。

これは、オンラインカジノ運営会社によってプログラム改変がされていたり、イカサマをしていたりと言ったことがないことを保証しているものなので、オンラインカジノに登録する前に必ず確認しておきたい項目です。

この機関については、各オンラインカジノの利用規約に第三者機関により監査されていますと明記されているか、第三者機関のロゴマークがフッター部分に貼られているので確認しておきましょう。

ベラジョンカジノ利用規約5.2
ベラジョンカジノ利用規約5.2
CASINO-Xの第三者機関の監査認証
CASINO-Xの第三者機関の監査認証

日本語サポートのあるカジノを選ぶ

ベラジョンカジノのライブチャット履歴画像。

日本語サポートのあるカジノを選ぶことは意外と重要でして、例えば、入金する際にエラーメッセージが発生し入金がされない場合が稀にあります。

この時にもう一度入金手続きをするわけですが、二重請求されないだろうか?という心配が出てくるわけです。

このようなトラブルに見舞われてしまうと、慌ててライブチャットで問合せをするわけですが、この時にもしもサポートが英語でしか対応していなかったら意思疎通で困ることになります。

そうしたことのないように日本語サポートがしっかりしているオンラインカジノを選ぶことは非常に大切です。

オンラインカジノの換金までの流れ

オンラインカジノでお金が稼げる仕組みの画像。

オンラインカジノで遊んで換金するまでの流れは上の図の通りです。

オンラインカジノで遊ぶために、クレジットカードや仮想通貨、電子マネーを使ってカジノチップを購入します。

そして、カジノゲームでカジノチップを使い切ってしまえば再びチップを購入し、カジノチップが増えたらサイト内で出金手続きを行います。

出金手続きを行うと、銀行口座、仮想通貨口座、電子マネー口座に出金手続きをした金額が送金されます。各金融機関に着金した時点で換金が完了という流れになります。

ツイッターでも確認するとこのように、出金している方を簡単に見つけることができます。

決済代行業者からの振り込み履歴画像。

こちらの画像は私がベラジョンカジノから出金手続きをし、三井住友銀行に振り込まれた時の履歴画像です。上の方とは桁が違いますけど間違いなく出金ができますので安心して遊べます。

オンラインカジノで儲けたお金の税金

オンラインカジノで稼ぐとそのお金は『一時所得』とみなされ税金の対象になってしまいます。

一時所得とは、営利を目的とする行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

この所得には、懸賞やふくびきの賞金、競馬・競輪などの払戻金、生命保険の一時金などが含まれます。

つまり、オンラインカジノで稼いだお金は一時金として扱われ、税金を納める義務が生じるのです。

オンラインカジノの口コミ

ベラジョンカジノがテレビCM流しているのはベラジョンカジノで遊んでいる人でも知ってる人は少ないと思います。

この方は4ドルベットで遊んでいる時に1万6000ドルの大当たりを引きました。日本円に換算すると約160万円です。

遊んでいたのは『Coils of Cash』というスロットです。

こちらの方は0.45ドルベットで1万5000ドルをゲットしてますね!日本円で約150万円です。海外政府公認のオンラインカジノで遊べるスロットは日本の爆裂機とは比較にならないほど半端ないです。

名前は『Dead or Alive 2』というスロットゲームです。

こちらの方は、MEGAWAYS JACKというスロットで2ドルベットで1万6000ドルをゲット。

こちらの方はマネートレイン2で遊んで、0.3ドルが1万2400ドル(約125万円)になったという喜びの呟きです。凄いですよね。

極め付きはこちらの方です。0.2ドルから一撃で828万円(笑)。笑うしかありませんw

紹介したのは高額勝利金を獲得した人ばかりを選びましたが、もちろん負けることもあります。

ですが、遊び続けていればあなたもここで紹介した人たちのように高額勝利金を獲得するチャンスはあるのです。

さいごに

海外政府公認のオンラインカジノであれば、違法になることは無く安全に遊ぶことができます。

そして、日本のメディアでもすでにCMがオンエアされており、インターネットでも芸能人が広告塔となりその存在を多くの人に認知させています。

もしも、海外政府公認のオンラインカジノにアクセスし賭けをすることが違法であったのなら、日本のメディアや芸能人は犯罪人だということになりますが摘発されたというニュースは聞こえてきません。

つまり、オンラインカジノは日本の法律で違法にならないという事の証拠であり、あなたが安心してオンラインカジノで遊べるという事なのです。

私がお勧めするオンラインカジノはベラジョンカジノですが、当ブログのサイドバーには安心して遊べる海外政府公認のオンラインカジノをいくつか紹介していますのでぜひご覧ください。

また、当ブログから登録することで様々な特典が受けられるようになっていますのでお得に遊び始めることができます。

以上で、オンラインカジノとは?初心者が安心して遊ぶための基礎知識の説明を終わりにします。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。