/* thk analytics */

ベラジョンカジノで遊んだり出金すると違法?いいえ法的根拠あります

出金をイメージした画像。Macbookairにコインが表示されている。

ベラジョンカジノで遊んだり出金したりすると違法なのかな?という疑問ですが、賭博罪で逮捕されたり起訴されたりすることはありません。

この記事では、ベラジョンカジノで遊んだり、勝利金を引き出したりしても、賭博罪で逮捕や起訴、有罪判決は下されない法的な根拠を書いています。

ですので、最後まで読んで頂ければ心配を取り除くことができます。

類推解釈の禁止【超重要!必読】

ベラジョンカジノが違法なのかどうなのか?という疑問の前に法律的な知識を知っておく事は非常に重要なのでご説明いたします。

日本は、罪刑法定主義を取っていますので類推解釈の禁止が規定されています。

これがあるからこそ、日本は法治国家であることが約束されているし、ベラジョンカジノで遊ぶ事や出金することで罪に問われることは無いと言えるのです。

では、罪刑法定主義と類推解釈という聞いたこともないような言葉はどういうことなのか?について話していきます。

罪刑法定主義とは?

罪刑法定主義とは、罪(犯罪)と刑(刑罰)を予め定めておいて、その罪を行ったものに対して刑罰を与えるということです。

ベラジョンカジノはオンラインカジノというコンテンツに属しています。

そして、『海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊ぶことを禁止する』という法律は日本に存在していません。

賭博罪はオンラインカジノを取り締まるために作られたわけではないのです。

そもそも、賭博罪が成立した時代にオンラインカジノは存在していなかったので、オンラインカジノを違法とする場合、オンラインカジノを取り締まるための法律を定めなくてはなりません。

これが、罪刑法定主義の大原則です。

ですので、ベラジョンカジノをはじめとする、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでも、それを取り締まる法律は日本にはないのです。

現在、日本国内でオンラインカジノを取り締まるための法的整備についての話は全く聞こえてきません。

ですので、オンラインカジノで遊んだところで警察権が発動することは無く、逮捕・起訴といったことにはなりません。

しかし、今後、日本国内で『海外のオンラインカジノにアクセスすることを禁止する』法律ができたら違法ということになります。

類推解釈とは?

類推解釈とは、事件について直接適用できる規定がない場合、類似した事実に適用される刑罰法規を適用して処罰することを言います。

ですが、日本は罪刑法定主義をとっているため、類推解釈は禁止されています。

例えば、公園でサッカーで遊ぶことを禁止するという法律があったとします。

そうした法律がある状況下で、公園で野球をしている人が居たので、サッカーと同じ球技だからという理由で逮捕、起訴、有罪判決を下すことを類推解釈と言います。

しかし、罪刑法定主義で類推解釈は禁止されているので、公園で野球をしても違法ではないのです。

野球を違法とするのならば、法律によって野球を禁止する罪を定め、その罪を行ったものに与える刑罰を同時に定めなくてはなりません。

これこそが罪刑法定主義の大原則であり、類推解釈が禁止されている理由なのです。

従って、オンラインカジノを賭博罪で取り締まるのは罪刑法定主義の大原則に反し、類推解釈の禁止にも反しているのです。

因みに、オンラインカジノで遊んだプレイヤーが逮捕された事件が過去にありましたが、2017年1月に法廷の場で不起訴処分が下されています。

これは、司法が、警察権を恣意的に濫用したことに待ったをかけた判決となりました。

この判例ができたことにより、警察は海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでいるプレイヤーを逮捕することはできなくなったのです。

この法廷での争いが起きるまでは、警察がサイバー的な犯罪に対する実績を作るために無理矢理逮捕し、無理矢理略式起訴(罪)を呑み込ませていたのです。

国民を守るはずの警察が国民を傷つけていたというのですから呆れますね。

ベラジョンカジノから出金しても違法ではない理由

日本の法律に賭博罪があります。

この法律は、賭博場を開帳した開帳者と賭博場で賭けを行った客の両者を取り締まるための法律です。

ベラジョンカジノは、キュラソー政府のライセンスを取得しており、商業登記に登録された企業です。

つまり、ベラジョンカジノは日本国内で運営されているオンラインカジノではなく、海外で合法的に運営されているオンラインカジノなのです。

しかも、ロンドン証券取引所に上場している企業がベラジョンカジノを運営しているのですから、日本の警察権が及びようのない場所にいるのです。

日本の法律である賭博罪で逮捕する場合、賭博場を開帳したベラジョンカジノという法人を摘発したうえで、ベラジョンカジノで遊んだり出金した客を逮捕しなくてはなりません。

そもそも、ベラジョンカジノはキュラソー政府に存在しているので摘発なんてできませんし、そこから出金をしたとしても賭博罪で逮捕される法的根拠はないのです。

なぜなら、罪刑法定主義において類推解釈の禁止が規定されているからです。

これは、ベラジョンカジノに限った話ではなくて、海外で合法的に運営されているオンラインカジノは全て、日本の賭博罪は適用されないのです。

もしも、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んだプレイヤーを逮捕するのならば、これを禁止する法律を定め、罰則を定めなくてはなりません。

これが、罪刑法定主義の原則です。

日本国内で、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊ぶことを禁止する法律は現在ありません。

そして、賭博罪は海外で合法的に運営されているオンラインカジノを取り締まるための法律ではないのです。

逮捕・有罪判決が下されるオンラインカジノとは?

テレビのニュースを見ていると、賭博場開帳図利などの疑いでカジノ店を家宅捜索し、店の従業員や客らを逮捕という報道を稀に見かけます。

こうした報道の中で、店内でオンラインカジノをさせたことによる逮捕という事件があります。

オンラインカジノなのになぜ逮捕されるの?という疑問を持つ人が居ると思います。

オンラインカジノで賭博場開帳図利などの疑いで逮捕されるかされないの違いは、海外で合法的に運営されているのか?それとも日本国内で運営されているのか?の違いなのです。

オンラインカジノとは、インターネット上でカジノが楽しめるサイトの事を言います。

サイトを運営するためには、ゲームプログラムを格納するサーバーと呼ばれるコンピューターが必要になります。

つまり、サーバーと呼ばれるコンピューターそのものが賭博場と見做されるわけです。

これが日本国内にあった場合、賭博場を開帳したということで賭博罪で逮捕、起訴されて有罪判決ということになります。

しかし、これが海外で合法的に運営されているオンラインカジノである場合は、日本の法律が適用されない場所に存在しているので警察権が及ばないのです。

こうした違いがあるために同じオンラインカジノであっても、逮捕・有罪判決が下されたり、類推解釈の禁止が規定されているために逮捕されることは無いという風に違いが生じるのです。

まとめ

ベラジョンカジノで遊んでも賭博罪で逮捕されたり有罪判決が下されることはありません。

ベラジョンカジノから出金しても賭博罪で逮捕されたり有罪判決が下されることはありません。

なぜなら、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを取り締まるための法律がないためです。

そして、日本は罪刑法定主義をとり、類推解釈の禁止が規定されているので、ベラジョンカジノをはじめとする海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでも逮捕されることはありません。

しかし、『海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊ぶことを禁止する』法律が定められ罰則も定められた場合は違法になりますので注意してください。

オンラインカジノは、ゲームプログラムが格納されているサーバーが日本国内にあるのか?それとも海外で合法的に運営されているオンラインカジノかによって逮捕される場合とされない場合とに分別されます。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら