/* thk analytics */

バカラは違法?逮捕されず安全に賭博行為を楽しめる場所がありますよ

ベラジョンカジノで遊べるライブバカラの様子。

バカラ賭博をして逮捕される事件をテレビで見かけることがあります。

そうしたニュースを見るたびに『なんでわざわざ逮捕されるかもしれない場所でバカラ賭博なんてするんだろう?』と不思議に思うのです。

バカラ賭博で遊んでも逮捕されない場所なんて幾らでもあるのに・・・。

その場所こそが海外で合法的に運営されているオンラインカジノです。

登録はこちら >> ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイト

バカラは違法じゃないの?

ベラジョンカジノで遊べるライブバカラ『Salsa Baccarat』のプレイ画像。

バカラはカジノで遊べるカードゲームの一種ですが、そのゲーム自体は違法ではありません。

カードゲームの大富豪で遊んだからと言って違法扱いされますか?されませんよね。それと同じでバカラもカードゲームなので違法ではないのです。

違法となる具体例を挙げると、日本国内で賭博場を開帳しバカラ賭博をさせたり、賭博客としてバカラ賭博をすると逮捕、起訴、有罪になるリスクがあります。

ですが、私が紹介するバカラで遊べるオンラインカジノは、お金を賭けることができるのに逮捕はされないという場所なので安心してください。

賭博罪でオンラインカジノを裁けない理由

ベラジョンカジノのライブバカラで勝利金を獲得した時の画像。

オンラインカジノでバカラ賭博をしても逮捕されない決定的な条件が実はあります。

この条件を満たせば逮捕もされませんし、起訴もされませんし、有罪判決もありません。

その条件とは、海外で合法的に運営されているオンラインカジノでバカラ賭博をするということです。

もしも、日本国内で運営されているオンラインカジノでバカラ賭博をした場合は、警察に逮捕、起訴、有罪判決が下されても文句は言えません。

なぜなら、日本国内で賭博場を開帳すれば、オンラインカジノであったとしても賭博場開帳図利(賭博罪)になるからです。

賭博場の開帳は、例えインターネット上の世界であってもサーバーそのものが日本国内にあれば、サーバーが賭博場と判断されるために賭博罪が適用されてしまいます。

ではなぜ、海外で合法的に運営されているオンラインカジノでバカラ賭博をしても賭博罪にならないのか?という疑問が生じますよね。

その疑問を解き明かしていきます。

賭博罪は必要的共犯である

賭博罪で逮捕をする場合、賭博場を開帳した開帳者と、賭博場で賭博をした賭博客の両者を逮捕しなくてはなりません。

しかし、海外で合法的に運営されているオンラインカジノは外国政府から認可を得たうえでオンラインカジノを運営している法人(企業)なのです。

その法人を日本の警察が逮捕することは不可能なのです。故に、そのオンラインカジノで遊んだプレイヤーも警察に逮捕されることはないのです。

こうした法的な理由、根拠があるため、オンラインカジノで遊んでも、警察がプレイヤーを逮捕することはできないのです。

例えばなのですが、イタリアのベネチアにあるサンマルコ広場では鳩にエサをやると罰金刑に処されるそうです。

だからと言って日本国内で鳩にエサをやったことを理由にサンマルコ広場の法律が適用されて罰金刑になるということはありませんよね。

つまり、国境を超えると各国の警察権は発動することができないのです。

そもそも、海外で合法的に運営されているオンラインカジノなのだから、警察が動く理由なんてどこにもありませんよね。

海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでも逮捕されない根拠はこれだけではありません。

賭博罪はそもそもオンラインカジノを取り締まるための法律ではなく、また、賭博罪が成立した時代にはオンラインカジノは存在していませんでした。

ですので、オンラインカジノを取り締まる場合はそのための法律を作る必要があるのです。

日本は罪刑法定主義である

日本国憲法第31条『何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない。』

これは、日本が罪刑法定主義であることを明文化している何よりの証拠となっています。

罪刑法定主義って何?

罪刑法定主義とは、人を逮捕、起訴、有罪判決とするには、予め罪を定めそれに対する刑罰を定めなくてはならない原則のことを言います。

この手続きをすることによってはじめて警察権が発動することが可能となり、逮捕、起訴、有罪判決まで持って行くことが可能になります。

そして、罪刑法定主義は、類推解釈の禁止を規定しています。

類推解釈って?

類推解釈とは、事件について直接に適用できる規定がない場合に、類似した事実に適用される刑罰法規を適用し処罰することを言います。

具体例を挙げると、日本国内では賭博場を開帳し賭博をしてはいけないという法律が定められています(賭博罪)。

日本国内から海外で合法的に運営されているオンラインカジノにアクセスして賭博をした場合、同じ賭博行為だからという理由で、賭博罪で刑罰法規を適用し処罰することを類推解釈と言います。

ですが、日本は罪刑法定主義を取っているので、類推解釈は禁止されているのです。

もしも、海外で合法的に運営されているオンラインカジノにアクセスし賭博する行為を違法とする場合には、オンラインカジノでの賭博行為を禁止するための法律と罰則を定める必要があるのです。

これが罪刑法定主義の原則なのです。

オンラインカジノを取り締まる法律はない

日本は罪刑法定主義を取っているので、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んだ場合に逮捕するのなら、これを禁止する法律を定め刑罰を定めなくてはなりません。

しかしながら、現在の日本では海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊戯することを禁止する法律はありません。

また、それが定められるような動きはありませんし、そうした話もでてきていません。

つまり、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでも、逮捕される理由はどこにもないのです。

それどころか、日本国憲法第31条『何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない。』が安全を保障してくれているのです

ですので、海外で合法的に運営されているオンラインカジノでバカラ賭博をしても、日本の法律には全く反しておらず、また、警察によって逮捕されることもないのです。

インターネットを見てると『オンラインカジノはグレー』とかと言う情報を見かけますが、法律自体が存在しないのだからグレーも黒もないのです。

法律的な知識が少しあれば、海外で合法的に運営されているオンラインカジノは大手を振って遊べるということが分かります。

もちろん、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを禁止する法律が成立すれば遊べなくなりますけどね。

そうでない限りは、日本国憲法第31条『何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない。』が安全を保障してくれます。

これのどこがグレーなのか全く理解できません。法律的根拠を正しく理解すれば真っ白でしかありませんよね。

バカラ賭博するならベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで遊べるライブバカラ『バカラスクイーズ』のプレイ画像。

安心、安全にバカラ賭博を楽しみたいのなら、キュラソー政府で商業登記をしているベラジョンカジノがお勧めです。

ベラジョンカジノは、ロンドン証券取引所に上場しているGamesys Group(銘柄名GYS)なので社会的な信用も兼ね備えています。

そして、日本人による日本語サポートが充実していることから、日本人プレイヤーから絶大な人気を誇るオンラインカジノとなっています。

ベラジョンカジノでアカウント開設すれば、日本の法律を心配することもなく安心して遊ぶことができるので、毎日どこからでもバカラ賭博を存分に楽しむことが可能となります。

安心、安全な場所でバカラができる場所をお探しのようでしたら、是非ベラジョンカジノで遊んでみてください。

登録はこちら >> ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイト

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら