/* thk analytics */

バカラのルール。初心者でも分かりやすい説明と3枚目を引く一覧表付き

バカラは数あるゲームの中で最も大きなお金が動くと言われ、カジノの売り上げを左右することからカジノの王様とも呼ばれています。

アジアを中心に世界中で愛されているカジノを代表するゲームの一つです。

この記事では、世界中のカジノで愛されているバカラのルールを紹介します。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら

バカラとはどんなゲーム?

NetEntのBaccarat Proのプレイ画像。

バカラはPLAYER(プレイヤー)とBANKER(バンカー)のどちらが勝つかを予想して賭けるだけの非常にシンプルなゲームです。

このゲームは、ブラックジャックのようにディーラーとの対戦は一切しませんし、カードをヒットするかスタンドするかの選択肢もありません。

ディーラーはルールに従ってプレイヤーとバンカーにカードを配って、その合計が9に近い方が勝利するというゲームです。

カードの数え方

バカラで使うカードの数え方の画像。

バカラで使うカードの数え方は簡単で、Aを1点として数え、2~9はそのままの数字を点数に、10・J・Q・Kはゼロ点としてカウントします。

因みに、バカラで使われる10・J・Q・Kのカードは『モンキー』という愛称で呼ばれています。

ライブバカラで点数の数え方を説明する画像。

例えば、ライブバカラで上のようにカードが配られた場合は、プレイヤーが19点、バンカーが6点となっています。

バカラで使う数字は0点~9点までしか使わないので、カードの点数を足して2桁の数字になった場合は下1桁の数字を点数として使います。

ですので、19点は9点として扱うので、9対6でプレイヤーの勝利ということになります。

バカラのゲームの流れ

バカラはカードが配られる前にどちらが勝つかを予想してベットをします。

そして、プレイヤーが先攻でバンカーが後攻となり、プレイヤーからカードが交互に配られ2枚ずつの手札でゲームをします。

そして、カードの合計点によってヒット・スタンドが決められているのでそれに従ってカードが配られます。

その結果、どちらが勝ったのかによって配当金が支払われたり賭けたチップを失ったりします。

これを1ゲームとしてカードシューにカードがある限りゲームを続けていきます。

バカラはどちらが勝つのかを予想するだけのシンプルなゲームなので、習うより慣れろ!という人はそのままプレイしても問題ありません。

ですが、ゲームの流れや詳しいルールを知ったうえで遊べば、バカラの面白さが倍増しますので、興味のある方は読み進めてください。

ナチュラル

バカラのナチュラルの説明画像。

バカラは、プレイヤーからカードが配られ、次にバンカー、そして2枚目を配ります。

もしも、最初の2枚の合計が8か9だった場合、その時点で勝利が確定します。

これを『ナチュラル』と呼びます。

ナチュラルが出るとゲームは終了し次のゲームへと移っていきます。

プレイヤー側の3枚目のカード追加条件

バカラのプレイヤー側のカードルール説明画像。

プレイヤーのカードルールは、2枚の合計が0~5点はヒット、6~9点はスタンドです。

プレイヤーは先攻なのでカードが配られた最初の2枚で判断をし、バンカーのカード合計は一切関係がありません。

バンカー側の3枚目のカード追加条件

バカラのバンカー側のカードルール説明画像。

バンカーのカードルールは、2枚の合計が0~2点はヒット、7~9点はスタンドです。

バンカーは後攻なので、カードの合計が3~6点の場合は、プレイヤーの3枚目のカードが何なのか?によってヒット・スタンドが決定します。

その行動パターンを決定づけるのが下の図です。

バカラのバンカー側が3~6の場合の条件表。

例えば、プレイヤーに配られたカードがJ・5で、バンカーに配られたカードがA・5だとします。

プレイヤーは合計点が0~5の時はヒットなので、3枚目を引いてJ・5・4になったとします。

では、バンカーはどうなるのか?というと、バンカーの合計点は6でプレイヤーの3枚目のカードは4だったのでスタンドということになります。

このようにバンカーは、自身のカード合計点とプレイヤーの3枚目のカードの出目によって行動が変化するのでルールを覚えなくてはなりません。

バンカーの特別ルール

バンカーの特別ルールの説明画像。

プレイヤーが6か7でスタンド状態の時、バンカーの手札の合計が5以下の場合はプレイヤーのルールが適用されます。

上の画像の場合、プレイヤーが7でバンカーが3となっています。

ですので特別ルールが適用されてバンカーはヒットとなります。

バカラの配当金の支払い倍率

NetEntのBaccarat Proでバンカーに賭けて勝利した時の画像。

ゲームで遊ぶプレイヤーは、PLAYERとBANKERのどちらが勝つかを予想します。

そして、予想が的中した場合配当金が支払われます。

しかし、この配当金はどこにベットして的中したか?によって変わってきます。

PLAYERにベットして的中した場合は、ベット額の100%が配当金として支払われます。

BANKERにベットして的中した場合は、ベット額の95%が配当金として支払われます。

TIEにベットして的中した場合は、ベット額の800%(8倍)が配当金として支払われます。

PLAYERとBANKERはなぜ支払いに差が生じるのか?というと、BANKER側の方が確率的に1%程度勝つ確率が高いからです。

その為に、手数料として5%が差し引かれて支払われます。

バカラのサイドベット

バカラはサイドベットで楽しむこともできます。

遊ぶテーブルによって種類は異なりますが、ペア、パーフェクトペア、ラッキー6などがあります。

バカラのルールの覚え方

バカラのバンカー側が3~6の場合の条件表。

バカラのルールを複雑にさせているのは、バンカー側の3枚目のカードを引くときの条件です。

これさえ覚えてしまえば、バカラは凄く楽しくなるわけですが、それを覚えるのが厄介なんですよね。

まず最初に覚えたいのは、バンカー側のヒット・スタンドの条件で、0~2がヒット、7~9はスタンドです。

これを覚えたら次に覚えるのは、バンカー側の3~6が出た時の3枚目を引くルールです。

これはもう、一覧表を自分で作って丸暗記をして、実際にカードを配って練習を繰り返すほか方法は無いのではないでしょうか。

記憶に定着させるには反復練習しか方法はありませんので。

バカラ ルール 動画

ラスベガスのプロディーラーが教えるバカラのルール動画です。

この方の動画、凄くわかりやすいですよ。

バカラルール ppとbp

バカラのPPとBPとは、プレイヤーペアとバンカーペアの略です。サイドベッドの一種に属します。

プレイヤーペアは、プレイヤーに配られた最初の2枚がペアだった場合のことをプレイヤーペアといいます。

バンカーペアは、バンカーに配られた最初の2枚がペアだった場合の事をバンカーペアといいます。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら