/* thk analytics */

ブラックジャックはカジノでの勝率よりも期待値が重要

ライブブラックジャックの様子

ブラックジャックはカジノで遊べるゲームの中で勝ちやすいゲームと言われています。

勝率は大雑把に言えば50%くらいです。

ディーラー(カジノ)が勝つか、プレイヤーが勝つかのゲームだから五分五分といった感じになります。

厳密に言えば僅かにディーラー(カジノ)の方が有利ですが誤差と考えて良いでしょう。

しかし、カジノでブラックジャックをする場合は、勝率よりも期待値の方がものすごく重要なのです。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら

期待値とは何か?

期待値とは、1回の勝負につきどれくらいの利益があるのか?を数値で表したものです。

例えば、イチローさんとジローさんがジャンケンをしたとしましょう。

イチローさんが勝てばジローさんから1万円もらえる。

イチローさんが負ければジローさんに1万円を支払う。

この条件下においてジャンケンを繰り返していくと、最初のうちはイチローさんが7勝3敗という具合で勝ち越すことがあるかもしれません。

しかし、じゃんけんの回数が100回、1000回、1万回と繰り返されると、イチローさんとジローさんの勝率は限りなく50%に収束していきます。(イカサマ・癖の見破り等は無いものとする)

従って、この条件でじゃんけんを繰り返しても勝った負けたのやり取りはあっても、お互いにお金が増えることも減ることもほとんどない状態になります。

この状態を『期待値がゼロ』と言います。

では、条件を変えてみましょう。

イチローさんが勝てばジローさんから2万円もらえる。

イチローさんが負ければジローさんに1万円を支払う。

この条件であれば、じゃんけんを繰り返せば繰り返すほどイチローさんが儲かるのが分かるはず。

こんな条件でジャンケン勝負をする人はまずいませんが、仮にこの条件でジャンケン勝負が20回行われ、10勝10敗という結果が出たらどうなるのかを見てみましょう。

イチローさんは10回勝っているので、10×2万円=20万円の利益。

イチローさんは10回負けているので、10×-1万円=10万円の損失。

20万円-10万円=10万円。

つまり、このジャンケンを繰り返したことにより、勝率が5割であったとしてもイチローさんは10万円を稼ぐことができる計算になります。

そして、この条件でジャンケン勝負を繰り返した場合、1回の勝負につきどれくらいの利益になるのかというと、10万円÷20回勝負=5000円と導くことができます。

つまり、この条件でジャンケン勝負を繰り返すとイチローさんから見ると5000円の期待値があることになります。

ジローさんから見れば、-5000円の勝負を毎回挑まれ、それを繰り返している状態になります。

ブラックジャックは期待値ゲーム

ブラックジャックは、プレイヤーが『A・10(ピクチャー含む)』で勝利した時に限り1.5倍(3to2)の配当が支払われます。

しかし、ディーラーが『A・10(ピクチャー含む)』で勝利してもベット額以上を回収することはありません。

これって、イチローさんとジローさんが不公平な条件でジャンケンを繰り返していた時と全く同じであることに気づきませんか?

ブラックジャックは、プレイヤーがブラックジャックで勝てば1.5倍の配当が支払われます。

しかし、ディーラーがブラックジャックを出して勝ってもベットしたチップのみしか回収できません。

これこそがブラックジャックの肝であり、プレイヤー側の唯一の勝機となるポイントになるのです。

ですから、ブラックジャックは勝率を追い求めても全く意味をなさないことが分かると思います。

ブラックジャックでの勝ち方

ブラックジャックで勝つには、ブラックジャックが出た時に、大きくチップを張っていれば勝てます。

ブラックジャックは、カードが配られる前にチップを賭けるので、ブラックジャックが出る時っていつかなんて普通は分かりません。

しかし、もしも、いつブラックジャックが揃うのかが分かれば、常にその時だけベット額を10倍とか20倍とかにすれば勝てるのは想像できるかと思います。

この『いつブラックジャックが揃うのか?』を可能にするのがカードカウンティングというテクニックです。

例えばですが、ブラックジャックを52枚だけのカード(1デッキ)で遊ぶ場合を想像してみてください。

何ゲームか遊び続け『A・10・J・Q・K』が全く場に配られることなく、カードの残り枚数が25枚になったとしましょう。

この状況下において、ブラックジャックが完成する可能性は非常に高いことが誰でも分かります。なぜなら、25枚中20枚が『A・10・J・Q・K』で占められているからです。

こうした時にベット額を一気に増やせばより多くのリターンが得られると思いませんか?

このように、まだ配られていないカードは何が残っているのか?

そして、次に出てくるカードがA・10である可能性が高いことを見破るカードカウンティングは、ブラックジャックで勝つためには絶対に必要なテクニックと言えます。

カードカウンティングは、配られたカードの数字によって足し算・引き算を行いカウントをし、カードシューの中にどのカードが残っているかを数値化します。

この数値によってブラックジャックの可能性が高いか低いかを判別するのです。

ですので、ブラックジャックの可能性が高い時に大きく張り続ければ、勝率は50%なのに手元に残るお金が増え続けるという現象が再現されるのです。

つまり、これこそがブラックジャックでの勝ち方というわけです。

カードカウンティングの方法はインターネット上にはどこを探してもないので、楽天市場やアマゾンで販売している書籍を購入するのが良いでしょう。

ブラックジャックのベーシックストラテジー

ベーシックストラテジー

ブラックジャックで勝つためにはカードカウンティングは必要なテクニックですが、ベーシックストラテジーという戦略表を覚えることも必要となります。

これは、配られたカードとディーラーのアップカードの組み合わせごとに、ヒットするかスタンドするかを数学者が計算し最も有利なアクションを一覧表にまとめたものです。

カジノでブラックジャックをする際は、これを覚えておく必要がありますが、この一覧表を手に持って遊ぶことも可能です。

まとめ

ブラックジャックはディーラー側がわずかに有利にできていますが勝率が重要なゲームではありません。

ブラックジャックで勝つためには期待値という概念を知る必要があり、ブラックジャックが出る可能性が高い時に大きく賭けるしか方法はありません。

それを手助けしてくれるのがカードカウンティングというテクニック。

これに加えて、ベーシックストラテジーという戦略表を覚えておく必要もあります。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら