/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

一撃1万ドルの夢を叶えないか?
ベラジョンカジノにはその用意がある!


家で遊べるギャンブル!本場カジノをオンラインで体験!

Ezugi Rumba Blackjackのプレイ画像。

家で遊べるギャンブルってないのかな?と思っている方に本場カジノを自宅で体験することのできるオンラインカジノをご紹介します。

オンラインカジノとは?

スマホ版ライブバカラで40ドル勝利した時の画像。

オンラインカジノとは、スマホやタブレット、パソコンなどで遊ぶことのできるカジノの事をオンラインカジノと呼びます。

カジノで遊べるゲームといえば、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、スロットマシンなどが有名で、オンラインカジノでもこれらのゲームで遊ぶことができるのです。

オンラインカジノは違法じゃないの?

オンラインカジノは日本の法律で違法になることはありません。

ただし、これには条件があって『海外政府が認可したオンラインカジノで遊ぶ場合』に限って日本の法律で違法になることがないということなのです。

これはどういうことなのか?というと、日本の法律に『賭博罪』がありますが、この法律は日本国内でしか適用されない法律だという事です。

賭博罪について詳しく説明をしますと、賭博罪は『賭博場を開帳した者と、賭博客を同時に逮捕することで成立する罪』なのです。

ですから、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本の警察が逮捕することは不可能であり、それはつまり、オンラインカジノで遊ぶプレイヤーだけを逮捕することも不可能であるということなのです。

そして、日本には、『海外政府が認可したライセンスを取得したオンラインカジノにアクセスをして賭博することを禁止する法律』はありません。

ですから、法律的に違法になる根拠はないですし、当然警察に逮捕されるということもありません。

注意点を挙げるならば、将来日本国内において『海外政府が認可したオンラインカジノにアクセスして遊ぶことを禁止する法律』ができれば違法となりますので注意が必要です。

しかし、日本のラジオ放送局であるニッポン放送がベラジョンカジノのCMを流したという事は、今後日本国内でオンラインカジノを禁止する法律は成立しないと思われます。

そして、日本はカジノ法案が進んでいますから、なおさら、オンラインカジノを禁止する法律はできないと考えるのが妥当だと言えるでしょう。

法律に関して詳しく説明した記事を用意していますので、詳しく知りたい方はそちらをご覧になってください。

海外政府が認可したオンラインカジノの見分け方

オンラインカジノを運営するには、政府が発行するライセンスを取得する必要があります。

そのライセンスを発行している政府は幾つもありますが、代表的なものを挙げると『キュラソー』『マルタ共和国』『ジブラルタル』『マン島』『フィリピン』『カナワケ』などがあります。

これらの政府が発行するライセンスは、各オンラインカジノサイトのフッター部分で確認することができます。

ベラジョンカジノのフッター部分をトリミングした画像。

例えばベラジョンカジノであれば、フッター部分にキュラソー政府が発行したライセンスシールと、キュラソーに所在があることを証明する住所が記載されています。

基本的に、オンラインカジノは必ずどこかしらの政府のライセンスを取得しています。これは、マネーロンダリング防止や反社会的勢力の排除を目的としているからです。

ですので、政府が発行するライセンスが確認できるオンラインカジノを選んで遊ぶことが重要です。

オンラインカジノの選び方

世界中にオンラインカジノはたくさん存在しています。その中から自分に合ったオンラインカジノを探し出すのはなかなか大変です。

それに加えて、最も大切な要素が『出金のしやすさ』が挙げられます。カジノで儲かっても出金を認めてくれないとなっては何のためのカジノなのかとなってしまいます。

ですので、日本人から人気のあるオンラインカジノでありながら、出金のしやすさに定評のあるオンラインカジノを厳選して紹介しますので、ご自身に合ったオンラインカジノを選んでください。

また、サイドバーにもオススメのオンラインカジノを紹介していますのでそちらもご覧ください。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノのトップページ画像。

ベラジョンカジノは日本人が最も多く遊んでいる人気ナンバー1のオンラインカジノです。ライセンスは、キュラソー政府で取得しているので安心して遊ぶことが可能です。

特徴としては、スロットとライブカジノが充実しており、カジノ初心者から、カジノが大好きなハイローラーまでカバーしているオールラウンドタイプのカジノと言えるでしょう。

入金方法は、クレジットカード、仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン、リップル、イーサリアム)、電子マネー(エコペイズ、ヴィーナスポイント、マッチベター)があります。

限度額は、入金は仮想通貨の5万ドルが最大限度額で、出金は仮想通貨の10万ドルが最大限度額となっているので、これらの限度額以内で遊ぶプレイヤーはベラジョンカジノがお勧めです。

ベラジョンカジノの運営会社はBreckenridge Curacao B.V.で、この会社の親会社は、ロンドン証券取引所に上場しているGamesys Group PLCという企業でFTSE250にもラインナップされているので安心して遊べます。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら

ビットカジノ

ビットカジノトップページ画像。

ビットカジノは日本人ハイローラー御用達のオンラインカジノです。ライセンスはキュラソー政府で取得しているので安心して遊ぶことができます。

特徴としては、ハイローラー向けのオンラインカジノだけあって、仮想通貨での入出金限度額が無制限となっており、マックスベットはライブバカラで8BTCまでベットが可能となっています。

そして、ビットカジノはVIP待遇が充実しており、VIPマネージャー、豪華VIPイベント旅行への招待、毎月VIPキャンペーンで合計1億円以上の賞金を進呈などの待遇が用意されています。

対応している仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、トロン、テザーの5種類で入出金が可能。

1BTCは2020年12月時点で、187万円となっていますので、約1500万円(8BTC)までベットすることが可能ということになります。

マックスベットだけを見てもビットカジノは富裕層が遊ぶオンラインカジノと言えるでしょう。

ビットカジノ登録はこちら

ビットカジノ詳細はこちら

インターカジノ

インターカジノトップページ画像。

インターカジノは世界初のオンラインカジノであると同時にベラジョンカジノの姉妹カジノでもあります。ライセンスはキュラソー政府で取得しているので安心して遊べます。

特徴としては赤のクイーン『ルージュ』と黒のクイーン『クロエ』が出迎えてくれるという事です。

インターカジノはベラジョンカジノと姉妹サイト(運営会社も親会社も同じ)なので、カジノで遊べる内容はほとんど同じです。

明確に違うのはイメージキャラクターで、ベラジョンは赤い真ん丸な変な奴で、インターカジノは可愛らしいお姫様。好みに応じてどちらかを選ぶのが良いかなと思ってご紹介しました。

因みに新機種スロットの先行リリースは、ベラジョンもインターもどちらも同じタイミングでリリースされるので本当に好みで選ぶのが良いかと思います。

インターカジノ登録はこちら

インターカジノ詳細はこちら

エルドアカジノ

エルドアカジノトップページ画像。

エルドアカジノは元々パイザカジノとして運営されていたオンラインカジノで、2020年10月1日からエルドアカジノに名称を変更して運営が始まりました。

ライセンスはキュラソー政府及びカナワケのダブルライセンスを取得しています。

エルドアカジノはビットカジノと同じくハイローラー御用達オンラインカジノで、仮想通貨での入出金限度額が無制限となっています。

特徴としてはVIPプログラムにローリングチップがあるという点です。オンラインカジノでローリングチップを使うところはエルドアカジノくらいしかありません。

そして、ローリングチップのレートはVIPランクによって変動する上にキャッシュバックもあるのでハイローラーにとってはかなりありがたいシステムとなっています。

エルドアカジノを選ぶかビットカジノを選ぶかは好みによるところが大きいでしょうが、本格的なカジノを楽しみたい方ならエルドアカジノをお勧めします。

エルドアカジノ登録はこちら

個人情報や本人確認書類について

初めてオンラインカジノに登録をする方にとって、登録時の個人情報の入力や、登録後の本人確認書類の提出は不安感を抱かずにはいられないかもしれません。

オンラインカジノ業者は、なぜ私たちに対して、個人情報や本人確認書類を提出させるのか?というと、いくつか理由があります。

まず最初に、未成年者によるギャンブルは違法であるため、登録者本人が未成年者ではないことを確認しなくてはなりません。その為に個人情報が必要になります。

次に、オンラインカジノ業者は、ライセンスを発行している政府から、マネーロンダリング及びテロ資金供与防止の法律に従う事が義務付けられています。

つまり、オンラインカジノに登録するプレイヤーが反社会的勢力に関係する人物だとしたら、オンラインカジノ業者は政府から厳しく罰せられます。

そうした人物を登録させないためにオンラインカジノ業者は、登録者の個人情報の入力や本人確認書類の提出を求めてくるのです。

ですので、この手続きはお互いにとって安全を確認するためのものであり、それを拒否したり偽ったりした場合は、アカウントを削除されるといった措置が下されます。

最後に

ライブルーレットのプレイ画像。

オンラインカジノは、これから日本に訪れるカジノ文化を先取りしたエンターテインメントだという事です。

ラジオ放送局のニッポン放送でベラジョンカジノのCMが流れ、スポニチではミスティーノカジノの広告が紙面を大きく飾りました。

カジノ法案はなかなか前に進んでいない状況ですが、和歌山県では既にサンシティグループホールディングスジャパンが活動を始めています。

これらの流れはもう止めることはできないくらいまで勢いを増してきています。

そして、新型コロナウイルスの影響により、既存のギャンブルで楽しむこともままならない状況になりました。

しかし、オンラインカジノはスマホがあればどこでもギャンブルを楽しむことができる上、新型コロナウイルスなどの感染症を気にすることなく遊ぶことが可能です。

時代の流れにより、愛煙家の皆様は肩身の狭い思いをされているかと思います。

ですが、オンラインカジノであればどこでも遊べるという利点がありますので家でタバコをふかしながらギャンブルを楽しむことができるのです。

最高じゃないですか。

オンラインカジノというコンテンツはインターネットが普及している現代日本だからこそ楽しめる贅沢だと言えます。

だからこそ、家で遊べるギャンブルであるオンラインカジノがこれからどんどん普及していくことでしょう。

ですので、時代の最先端を歩く読者の皆様は自分に合ったオンラインカジノを選んで遊んでみてください。

きっと時代の流れを楽しむことができるはずです。なぜなら、流れを感じることこそギャンブルで最も大切なスキルを研ぎ澄ますことになるのですから。

こんなに楽しいことが他にあるでしょうか。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。