/* thk analytics */

オンラインカジノ攻略法 マーチンゲール法の賭け方と効果的なゲーム

マーチンゲール法は理論的には負けることのない必ず勝てる攻略法の一つとして知られています。

そして、この攻略法は主に勝率が50%に近いゲームで遊ぶと効果的です。

マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法は負けるたびにベット額を2倍にしていくという簡単で古典的な方法です。

例えば、1ドル賭けて負けたら次はその倍の2ドルを賭ける。

これでも負けたらさらに倍の4ドルを賭ける。

このように負けるたびに倍のチップを賭けて1度の勝利で負けを取り戻して勝ちに転ずる方法です。

資金が無限にあれば絶対に勝てる必勝法なのです。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法は、負けるたびに倍賭けすることで負けを取り戻す戦略です。

しかし、連敗が続くとベット額が2倍ずつ増えていくことから資金が不足する場合が出てきます。

これがマーチンゲール法の注意点でもあり最大の欠点でもあるのです。

最大の欠点と言われてもピンとこないと思うので、ルーレットで連続して黒が出た記録を例に話をしてみます。

1913年、ルーレットで黒が連続で27回出たことがあったそうです。

もしもこの時にマーチンゲール法で赤に1ドルから張り続けていたらどうなるのか?

計算してみると、27連敗目で背負う金額は1億3421万7727ドルになります。

1ドル=100円で計算すると軽く100億円を超える負債を背負うことになります。

そして、28ゲーム目でやっと赤が出るわけですが、負けを取り戻すためだけに更に100億円以上を賭けることはできるでしょうか?

そもそも27連敗するまでに多くのプレイヤーが資金ショートを起こしてパンクするのは明らかです。

このように、マーチンゲール法は底なし沼に入る可能性がわずかとはいえあるのです。

因みに、27連敗する確率は1億3421万7728分の1です。

マーチンゲール法の損切り

マーチンゲール法において損切りをいつ考えるのか?によって判断が変わると思います。

今まさに連敗中でどうしようか?というような場合は、お金を取り戻すためにも資金が許せるところまで行った方が良いと思います。

その理由は、負けたお金を取り戻せるかもしれないからです。

もちろん、そのまま持ち金全部やられる可能性もありますがとことん行った方が良いでしょう。

しかし、ゲームをする前に事前に損切りラインを考えたいと言う場合は、マーチンゲール法を使うことについてよく考える必要があります。

なぜならば、マーチンゲール法は負けを取り戻すための攻略法なので、ゲームをする前から負けることを前提として遊んでいては利益を伸ばすことができないからです。

株取引で例えると、損切りラインばかり考えて株価が自分の思う方向に動いた時どこまでホールドするのか?という戦略が欠落しているわけなのです。

ですから、マーチンゲール法で損切りを考えるのならば、逆に自分の思うようにとんとん拍子で連勝した場合は、どこまでゲームを続けるのか?も考えるべきでしょう。

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーン

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら

限定入会キャンペーンページからベラジョンカジノに登録すると3つの特典をもらえます。

◆図解入り新規登録・入出金マニュアル

◆アカウント登録で30ドルプレゼント

◆初回入金時に最大500ドルもらえる初回100%ボーナス

ベラジョンカジノに登録するならお得な方法で登録しましょう!

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら