/* thk analytics */

オンラインカジノ攻略法 バーネット法の賭け方と効果的なゲーム

バーネット法は1326システムとも呼ばれ、長くゲームを楽しみつつ利益も狙っていく攻略法です。

連勝を積み重ねても大きなリスクを取らない為に、リターンはパーレー法やグランパーレー法には及びません。

あくまで、ゲームを長く遊ぶことを視野に入れたベット方法です。

効果を発揮するゲームは勝率が50%に近いゲームで、バカラやルーレットの赤黒を当てるゲームで遊ぶ為の攻略法です。

バーネット法 賭け方

最初のベット数は1枚で賭けます。勝てば3枚、更に勝てば2枚、更に勝てば6枚という具合に賭け、以後連勝をしても6枚を賭け続けます。

途中で負ければ最初の1枚からかけなおしていきます。

バーネット法は勝てないのか?

バーネット法は連勝を基本としながらもダラダラと遊ぶ為のベット方法ですからプレイヤーの性格に合う合わないがあるように感じます。

ハイリスクを背負ってもいいのでもっと短期集中的に稼げる方法が好きな場合はパーレー法や、更にハイリスクなグランパーレー法が良いと思います。

バーネット法のベット枚数は連勝するごとに1枚、3枚、2枚、6枚、以後連勝してもベット数を6枚で固定して遊ぶ為、連勝の割にガツンと勝利金を得られない仕組みになっています。

反面、負けても連敗さえしなければいきなりマイナスに転落するようなことはありません。

途中で連勝が止まれば再び1枚からやり直すので大きく崩れることがなく安定している攻略法です。

負けたら再び1から連勝を目指していくやり方で1326の数字だけを覚えておけばいいので誰でも簡単に運用できる攻略法です。

大人の遊びとして楽しむ分にはこれくらいが丁度よいベット方法と言えるでしょう。

バーネット法 バカラ

バーネット法はバカラとは相性が良いです。

なぜなら、この攻略法は勝率が50%に近いゲームで運用される方法だからです。

バカラの場合、プレイヤー、バンカー、タイを予想するゲームですが確率的に言えばプレイヤーかバンカーのどちらかが圧倒的に出る確率が高いです。

従ってプレイヤーかバンカーかのどちらかにベットすればよいわけで、その時にバーネット法を用いて資金管理をして行けば良いのです。

例えば、10回遊んだ時に最初の5ゲームは連勝をし、その後2連敗、2連勝、10ゲーム目で負けて遊ぶのを止めたとします。

その時の手持ちのチップの推移を下の図に示してみました。

バーネット法で連勝をした時のチップ枚数を図に示した画像。5連勝、2連敗、2連勝、1負け。計10ゲームの結果。

連勝をどこかでするとその後に連敗をしてもベット枚数が1枚に戻るのでゲームで負けても資金的にはプラスを維持できるような仕組みになっています。

感情任せでベットをしてしまい、いつも負けてしまうという方は、この方法を取り入れてみると違う結果になることは間違いないでしょう。

バーネット法 損切り

バーネット法の損切りをどこで区切るのか?

バーネット法は連勝することが基本条件で、負けた時点でベット数が1枚に戻ります。

そこから再び6枚賭けまで戻るようなら運はまだ味方しているようなのでゲームを続行した方が良いでしょう。

しかし、連勝が止まってから勝ち負けを繰り返し始めたらツキは自分にはないと考えるべきで利益が出ているうちに撤退すべきでしょう。

損切りという言葉が出てくる場合、その時はすでにバーネット法で運用するのは中断するべきで、損失を出した状態でゲームを止めるのが一番良いです。

どうしても損失を取り戻したい場合は、マーチンゲール法などの負けを取り戻す方法に切り替えてゲームを進めるべきでしょう。

あくまで、バーネット法は、収支がプラス状態にあって、連勝が頻繁に出ている時に運用する攻略法です。

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーン

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら

限定入会キャンペーンページからベラジョンカジノに登録すると3つの特典をもらえます。

◆図解入り新規登録・入出金マニュアル

◆アカウント登録で30ドルプレゼント

◆初回入金時に最大500ドルもらえる初回100%ボーナス

ベラジョンカジノに登録するならお得な方法で登録しましょう!

ベラジョンカジノ限定入会キャンペーンサイトはこちら