/* thk analytics */

ベラジョンカジノで大負けしないためのバンクロール管理

資金管理のイメージ画像。

ベラジョンカジノで1日に14万円負けたあああ(;´Д`)

というような人って日本中を探せば何人かいると思います。私は過去にベラジョンカジノではないですがギャンブルで1日に14万円を失ったことがあります。

さらに言えば株で1日に100万円以上を失ったこともあります(笑)。

私のような負け方をしないためにも、バンクロールをしっかり管理することは非常に大切です。

この記事では、ベラジョンカジノで大負けをしないためにバンクロール管理の重要性について説明をしています。

バンクロールって何?と思っている方やベラジョンカジノで負けが続いて困っている人はぜひ読んで頂きたい内容になっています。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら

バンクロールとは?

バンクロールとは、カジノで遊ぶ際の資金のことを言います。

例えばサラリーマンの場合なら、1か月のお小遣いがなくなってしまうとお昼ご飯も食べられなくなりますし、人付き合いで飲みに行くこともできなくなってしまいます。

サラリーマンにとってお小遣いは絶対に失ってはならない原資です。

オンラインカジノにおけるバンクロールは、サラリーマンのそれと同じように厳重に管理、運用しなくてはなりません。

バンクロール管理の基本

ギャンブルにおいては、バンクロールの大小にかかわらず全額を失う可能性があり、それが日常生活に支障をきたすものであってはなりません。

バンクロール管理はそうしたことが起きないようにするための心構え、ルールなのです。

失っても構わない金額以上は遊ばない

ベラジョンカジノで遊ぶ場合に限らずギャンブルをする場合は、失っても構わない金額以上遊ばないことは厳守しなくてはならない最も重要なルールです。

カジノゲームで大負けをする時、必ずこのルールを破ってしまっているから大負けをしてしまうのです。

遊ぶ時には事前にどの程度のお金で遊ぶのかを決めておくことが非常に重要です。

例えば、1か月にベラジョンカジノに使えるお金を3万円と決めた場合、1日に使えるお金は1000円までです。

その1000円で1日のギャンブルをやりくりして勝った負けたを楽しむようにしなくてはなりません。

もうすこし遊べば大当たりしそうとか、1000円も2000円も変わりない!と言い出すと歯止めが効かなくなるので1日に遊ぶ限度額は必ず決めて必ず守りましょう。

ギャンブルをする目的は何か?

ギャンブルを楽しむ人それぞれによって、ギャンブルの捉え方は異なります。

捉え方が異なれば当然バンクロール管理に対する概念も異なってきます。

自分の中でベラジョンカジノはどのような位置づけとしてあるかを確認してみましょう。

ベラジョンは遊び

遊びでベラジョンカジノを楽しむ人は、バンクロールを失っても本業の収入があるのでそちらから資金調達ができます。

しかし、バンクロールの管理ができない場合、ベラジョンカジノで使うお金と本業で得られる収入のバランスが崩れてしまう可能性があるので注意が必要になります。

もしも、ギャンブルをする前にベラジョンカジノに使えるお金を決めていないのなら真っ先にその限度額を決める必要があります。

さもなくば、自身の日常生活が破綻へと向かうことでしょう。

ベラジョンが生業

ベラジョンカジノを生業としている人は、バンクロールを失えば即廃業ということになります。バンクロール管理は誰よりも厳しい管理をしなくてはなりません。

素人である私が生業としている人に対しあれこれ言うことは無いのでこれ以上は申し上げません。

しかし、もしも、自分はベラジョンカジノを生業としていないと自覚ができているのならば、1か月間でギャンブルに使えるお金の限度額を決めて、それを30分割し、1日にその金額内で遊ぶように心がけましょう。

許容を超えたギャンブルをしない

ギャンブルで大切なことはまず最初に『負けた時の事』を考えられる想像力です。

バンクロールに対して50%の資金を投下していた場合、もしもその賭けで負けるとバンクロールの半分を失うことになります。

このような賭けの仕方では負けが続いた時にバンクロールの全てを失うことになります。

そうした事態が起きても、巻き返しを図るための資金が手元に残るように賭け額を調整し続けなくてはなりません。

これは自分自身のバンクロールに応じて調整し、実践することによって、自分に合ったベット額が見えてきます。

カジノに限らずどのようなギャンブルでも資金に対して5%の額を失った場合は負けを素直に認めてその日の賭けは切り上げた方が良いでしょう。

こうしたルールを決めることによって1度のベット額を逆算することができます。ご自身のバンクロールと相談してベット額を設定しましょう。

無理のない範囲で楽しむ

ギャンブルで負けが込んでくるとより多くのお金を投じて負けた金額を取り戻そうとしてしまいます。

そうならないためにもカジノでベットする金額は小さくするべきです。

大きなお金を賭けることで得られる高揚感に踊らされていると大負けに繋がり、最悪の場合、日常生活が破綻することもあり得ます。

ギャンブルで勝利する人はいかなる時も冷静な判断を下せる人です。より小さな金額で勝ちを積み重ねていける人が最後に勝ち残ることを覚えておきましょう。

ギャンブルで勝ち続ける人は無理のない範囲で楽しめる人です。

まとめ

ギャンブルで大負けしないためには、まずは資金管理を身に付けることが大切で、勝つための方法は二の次になります。

ギャンブルは勝った負けたを繰り返す遊びですから、負ける時はその金額を小さくとどめておき、勝てる時に波に乗ってより大きな金額を獲得していきます。

ギャンブルで大切なことは上手に負けることです。

紹介した心構え、ルールを守って遊べば、上手に負けられるようになり、調子の良し悪しに左右されずギャンブルで遊び続けることが可能になります。

そうなった時に、更なる研鑽を重ね勝てる方法を追求していけば、長期的に利益を上げることができるようになります。

物事には必ず順番がありますので、いきなり勝てる方法を求めるのではなく、資金を守る管理方法を身に付けた上で勝てる方法を身に付けることが勝てるプレイヤーの近道となります。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら