/* thk analytics */

ブラックジャックでダブルダウンを仕掛けるタイミングはいつ?

ベーシックストラテジー

ブラックジャックでダブルダウンを仕掛けるタイミングは、基本、自分の手札が9・10・11の時にダブルダウンを仕掛けるのが良いです。

期待値を極限まで高める場合には、ベーシックストラテジー(上図)の通りにダブルダウンをすることが必須となります。

ベーシックストラテジーとは、配られた2枚のカードとディーラーのアップカードの組み合わせによって、どのアクションを取れば最も期待値が高いのかを計算した一覧表の事を言います。

ですので、基本、この通りにアクションすれば期待値の高い結果を残すことができますが、例外となる場面も当然あります。

この記事では、ダブルダウンをすべきタイミングと、してはいけないタイミングについて解説しています。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら

ブラックジャックのダブルダウンとは?

ブラックジャックのアクションの一つにダブルダウンがあります。

ブラックジャックは通常、カードが配られる前に賭けるチップを置きます。

ダブルダウンは、カードが2枚配られた後に最初に賭けたチップと同額を、更に賭けることができるアクションのことです。

賭け金が2倍になるってすげー!って思うかもしれませんが、その代わりにダブルダウンをすると、1枚だけしか追加のカードを引けません。

ですので、プレイヤー側の期待値が有利な時にダブルダウンを仕掛けていくのが定石となります。

では、どういう時に期待値が有利になるのか?については、後述していますのでそちらをご覧になってください。

シャッフルマシンが使われている場合

ブラックジャックは、プレイヤーがチップをベットするところからゲームが始まり、ディーラーがカードシューからカードを取り出し、プレイヤーとディーラーに配りその合計値で勝負が決します。

近年では、カードシューが使われているカジノが減ってきており、シャッフルマシンが使われているカジノが増えてきています。

その理由は、カードカウンティングによるカジノ側の損失を防ぐためで、カジノ側にとってカードシューを使う事はカードカウンティングを行うプレイヤーの餌食になることを意味しています。

シャッフルマシンを使えば、1ゲームが終わるたびに使い終わったカードをシャッフルマシンに戻すので、カウンティングされることがなくなります。

これを使っているカジノでは、ダブルダウンのタイミングはベーシックストラテジーに依存することになります。

ですので、ダブルダウンをすることによって期待値が高くなったり低くなったりすることはなく、ベーシックストラテジー通りにゲームを進めることが重要です。

カードシューが使われている場合

ブラックジャックでカードシューが使われている場合、一度使ったカードはシューに戻ることなく使い捨てられて行きます。

つまり、使用済みのカードを全て記憶していれば、カードシューに残っているカードの全てが分かるということになります。

人間の記憶力には限度がありますので全てを覚えることはできないにしても、Aが何枚出てきたか?10が何枚出てきたか?くらいならカウントすることは可能です。

ダブルダウンすると損するタイミング

例えば、配られたカードが4と6で、ディーラーのアップカードが5だとしましょう。

ベーシックストラテジーだけで判断する限り、絶好のダブルダウンのチャンスであることには間違いありません。

ですが、もしも仮に、既にAと10が全て出尽くしてしまっていた場合、カードシューの中にAと10は存在していないことになります。

そんな時に、ダブルダウンをしても21・20にはならないことが分かります。つまり、ダブルダウンをしてもプレイヤー側が負ける確率の方が高くなるわけです。

なぜかというと、ダブルダウンは賭け金を2倍にできる代わりにヒットできるのは1回きりだからです。

その1回でAと10が絶対に出ないのは致命的な機会損失と言えるでしょう。

その上、ダブルを仕掛けているので、負けた場合はチップを余計に回収されてしまいます。

ダブルダウンすると得するタイミング

損するタイミングと同じく、配られたカードが4と6で、ディーラーのアップカードが5だとしましょう。

そして、カードシューの中に残っているカードの全てがAと10だった状況を考えてみてください。

極端に偏った状況で普通はこんなことはあり得ませんが、誰がどう考えてもダブルダウンを仕掛けた方が得だというのは分かると思います。

つまり、ダブルダウンを仕掛けて得するタイミングというのは、Aと10がどれくらいの割合でカードシューに残っているのか?という数字で推し量ることができるのです。

だからこそ、ブラックジャックをする時にはカードカウンティングが重要になるのです。

ブラックジャックでカードカウンティングをする方法

ブラックジャックのダブルダウンのサイン

ダブルダウンをする時は、オリジナルベットの横に同額のチップを置いて、人差し指を1本出すハンドシグナルをします。

すると、ディーラーはチップの確認を行った後、これ以上カードは引けないですよという意味で、追加カードを横向きで置きます。

ブラックジャックは何故勝ちやすいゲームなのか?

ブラックジャックはカジノで勝ちやすいゲームで広く知られています。

何故なのか?

その理由は、ブラックジャックを出したときの配当と回収に差があるからです。

プレイヤーがBJを出せばベット額に対して1.5倍の配当が受け取れるのに対し、ディーラーがBJを出してもベット額だけが回収されるというルールです。

ということは、カードシューに残っているカードの割合がAと10が少ない時には小さく賭けて、割合が多い時に大きく賭ければプレイヤー側のチップが無限に増え続けることになります。

どう考えてもプレイヤー側が優遇されているルールであることが分かります。

こうした理由から、ブラックジャックでカウンティングを行ったプレイヤーをカジノは出入り禁止にするのです。

プロともなれば、カウンティングを行いつつ、出入り禁止にならないためのテクニックも熟知しておかなくてはなりません。

ベーシックストラテジーを教えてくれるブラックジャック

ブラックジャックネオのスクリーンショット。

オンラインカジノには、ベーシックストラテジーを教えてくれるゲームがあります。

上の画像は、ベラジョンカジノで遊べるBlackjack Neoというゲームなのですが、カードの合計値によって、最善のアクションを教えてくれます。

覚えるのが面倒だという方はこうしたゲームで遊ぶのも一つの手かなと思います。

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。

ベラジョンカジノ登録はこちら

ベラジョンカジノ詳細はこちら