/* thk analytics */ /* GPWA SEAL */

登録すると30ドルお試しボーナスプレゼント

カジノアプリのオススメは?リアルマネーを賭けて換金できるゲーム

2021年2月18日

スマホ版ライブバカラで40ドル勝利した時の画像。

リアルマネーを賭けて現金に換金できるカジノアプリで遊んでみたいと思っているあなたに、安心して遊べるオススメの海外政府公認の本格的なカジノゲームをご紹介します。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノログイン画面。

ベラジョンカジノはキュラソー政府公認のオンラインカジノで、日本語に完全対応しているので日本人から最も人気のあるオンラインカジノアプリです。

遊べるゲームは、ライブカジノ系、ビデオテーブルゲーム系、ビデオスロットゲーム系の3種類で楽しむことができます。

登録はこちら→ ベラジョンカジノ公式サイト

ライブブラックジャック

ライブブラックジャックのプレイ画像。

ライブブラックジャックは中継でディーラーと対戦することになります。

ブラックジャックのテーブルは150テーブル存在し、ミニマムベットは0.5~1500ドルまで用意されており、一般プレイヤーからハイローラーまで楽しめるようになっています。

ライブバカラ

ライブバカラのプレイ画像。

ライブバカラは27テーブル存在し、スピードバカラ、手数料なしバカラ、スクイーズバカラの3種類が用意されています。

オンラインカジノの場合はスピードバカラが主流となっていますが、スクイーズバカラはディーラーが代わりに絞りをしてくれたり、マウスを使って疑似的な絞りを楽しめるテーブルも用意されています。

ライブルーレット

ライブルーレットは16テーブル用意されており、日本人専用のルーレットがあったり無人ルーレットでひたすら廻し続けているルーレットやマルタ共和国のカジノから中継されているものもあります。

テーブルゲーム

ルーレットのプレイ画像。

テーブルゲームは、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、シックボーなど定番のカジノゲームが用意されています。

テーブルゲームはディーラーが存在していないので練習で遊ぶのに丁度よく、ライブ系ゲームと比べると結果が早くわかるのでせっかちな人にオススメです。

スロットゲーム

花魁ドリームのプレイ画像。

ベラジョンカジノで遊べるスロットゲームの種類は1000種類以上を超えます。

オンラインカジノで最も人気のあるスロットゲームは、ハワイアンドリームというスロットで日本のパチスロを彷彿させる作りとなっており夢中になってしまいます。

また、同じ会社からリリースされている花魁ドリーム(上図)はちょっとエッチなスロットでこちらのスロットも人気のあるスロットとして多くの人から遊ばれています。

この他にも日本では見ることのできないスロットゲームもたくさん存在しているのでスロット好きな人はハマってしまうことでしょう。

魔法のケーキ喫茶のプレイ画像。

個人的な趣味で恐縮ですが、こういう萌え系スロットもあるので楽しめます。

ベラジョンカジノの換金方法

ベラジョンカジノの換金方法は、銀行送金、仮想通貨口座への送金、電子マネー口座への送金の3種類に対応しています。

お金の流れについては後述する『カジノアプリの仕組み』をご覧になってください。

カジノアプリは違法じゃないの?

2021年2月6日に朝日新聞デジタルで

日本では賭博が禁じられており、海外のサイトであっても賭けていれば違法になりうるが、証拠が集めにくく摘発のハードルは高いという。

海外ギャンブルサイト、日本の「客」急増 捕まらない?

朝日新聞デジタル

という記事が掲載されました。

この記事の中で『違法になりうるが』と記載されていますが、これは日本の法律の基礎を知っていれば『間違った認識』あるいは『嘘』『ミスリード』というのが分かります。

なぜ間違った認識なのかというと、日本の刑法は罪刑法定主義を原則としていることから、賭博罪で逮捕することも、起訴することも、裁判所で有罪判決を下すこともできないのです。

罪刑法定主義とは何かというと、

罪刑法定主義とは、ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令において、犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を予め、明確に規定しておかなければならないとする原則のことをいう。

ウィキペディア

このようにちょっとわかりにくい内容になっているのですが、簡単に言うと、海外のギャンブルサイトで賭け行為を違法とするには、その行為をした時の刑罰を予め決めておかねばならないのです。

しかし日本の法律で、海外のギャンブルサイトで賭け行為をした時に科される刑罰が定められていないのです。つまり、逮捕される法的な根拠がないのです。

このように聞くと、『え?カジノアプリって賭博罪では捕まらないの?』と多くの人が勘違いをしてしまうのです。

これも実は罪刑法定主義で説明がつくことなのですが、賭博罪はそもそも、海外のギャンブルサイトで賭け行為をした人を罰する法律ではないのです。

そして、罪刑法定主義は類推解釈を禁止しているので逮捕することも起訴することも有罪判決を下すこともできないのです。

類推解釈って何?って話になるのですが、例えば公園で野球をしてはいけないという法律が仮に定められていたとしましょう。

では、その公園でサッカーをして遊んだ場合はどうなるのか?というと、これは法律には反する行為ではないのだけど、同じ球技だからという理由で逮捕することを類推解釈と言います。

日本の刑法では類推解釈を禁止しているのでサッカーで遊んだからという理由で逮捕するのは不当逮捕に当たり、裁判を起こせば逮捕された側が無罪になるのは当然のことなのです。

もしも、その公園でサッカーをした人を逮捕するのならば、その公園でサッカーをする行為を犯罪として定め、その行為に対し刑罰を与えるということを定めなくてはならないのです。

従って、海外のギャンブルサイトで賭け行為を行った人を賭博罪で逮捕する行為は類推解釈に当たり逮捕されることは無いのです。

しかし、過去に警察は不当逮捕を繰り返し一般市民を無実の罪で逮捕し略式起訴を呑み込ませた経緯があります。そしてその不当逮捕を不服として裁判を起こした人物が現れ不起訴処分を勝ち取った事件がありました。

その事件を担当したのが弁護士法人コールグリーン法律事務所の代表弁護士津田岳宏氏です。

この事件をきっかけに、警察は一般市民を無実の罪で不当逮捕することができなくなり、それ以降警察がオンラインカジノで遊んだプレイヤーを不当逮捕することは無くなりました。

ですから、カジノアプリを違法だと考えるのは、我々が法律の事を知らないということになるわけです。

しかしながら、違法になるカジノアプリも存在するので、既に多くの人が実際に遊んでいるカジノアプリゲームで遊ぶことが安心の担保になると考えて良いでしょう。

朝日新聞デジタルでも書かれていることですが

ベラジョンカジノは「弊社はライセンスにのっとり運営されているため、キャッシュで賭けを行っても問題はありません」と回答した。

海外ギャンブルサイト、日本の「客」急増 捕まらない?

朝日新聞デジタル

ベラジョンカジノのように、日本で最も人気のあるカジノアプリで遊ぶのが安全だという事になるのです。

法的根拠について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になってください。

カジノアプリは稼げるの?

カジノアプリは稼げるのか?という質問に対しては、パチンコは稼げるのか?という事を考えて頂ければという返答が答えと考えて頂ければと思います。

しかし遊ぶ人の中には動画で紹介したような人も存在しているのです。

動画を見てみると400万円から遊び始めているように見えますが、実はこの人、元手5万円から遊び始めて勝って勝って勝ちまくって利益を伸ばしまくって30万ドルまで増やしたのです。

ただ、ここまで勝ちまくってもそこでやめなくては意味がありません。そこでやめれたら稼げたになりますし、そこでやめずに遊び続けたらそれは失われることになるでしょう。

ギャンブルはスリリングな感情を楽しむことに意義があるのですからそれを楽しむ為に遊んでいると考えれば稼ぎという考えは間違っているのかもしれませんね。

どうしても稼ぎたい場合は広告収入を得るという方法もあります。

カジノアプリの換金の仕組み

オンラインカジノでお金が稼げる仕組みの画像。

カジノアプリでお金が稼げる仕組みは、クレジットカードや仮想通貨、電子マネーでカジノアプリ内で使えるカジノチップを購入します。

カジノチップを使ってカジノゲームで遊び、チップが無くなれば再び入金をし、チップが増えて払い戻しを希望する時は、仮想通貨口座、電子マネー口座、銀行口座に引き出し手続きをすることで出金できます。

カジノアプリの広告で稼ぐ

サムライクリックのレポート画面。

カジノアプリの広告で稼ぐには、ブログを開設し、実際にカジノゲームで遊んで記事作成をし、ブログ集客のための知識を学ぶ必要があります。

当ブログでは、広告で稼ぐための知識も伝えていますので是非参考にしてください。

アフィリエイト

ベラジョンカジノからお報せ

当ブログ経由でベラジョンカジノに登録すると、30ドルのボーナスがプレゼントされます。アカウント開設すると自動的にもらえますので是非ご利用ください。